« アオダイショウ膿腫?④ | トップページ | Japan Reptiles Show 2006. »

2006年8月28日 (月)

投薬3週間後

子宮ガンと告知されたGハムのきなこ。
投薬から3週間経ったので、再び獣医で検診を行ってきました。

体重は、117gから110gに激減。
今も落ち続けています。
食欲はばりばりあるものの、やはり体力の消費の方が上回っている様子。
下腹部の腫れも大きくなりつつあり、腹水の量も増えていることから、実際の体重はかなり落ちているという計算になります。
つまり、腹水分を差し引いた本来の体の方はガリガリの激痩せということ。

便もかなり柔らかく、尿の量も多いので、常にお尻は汚れている状態。
(腹水の排出もあるのかもしれないけど)
動くのがダルいのか、尿も巣の中にしてしまうことが多くなりました。
(床材を多量に巣に持ち込んで、尿を吸収させてるようです)

下腹部は触られると痛いらしく、獣医で触診されるたびにギーギー大きく鳴いています。
ハムスターってこんなにデカい声で鳴くのかってくらい鳴きます。
家では非常におとなしい子なんですが、獣医に行くと身構えてしまって、歯を剥き出して怒ります。
嫌なことをされるって分かってるみたいですね。

で、体力が落ちているので鎮痛剤の投与量を減らすことにしました。
(副作用で腎臓を壊してしまうのも怖いので)
今まで1日1回だったのが、2日に1回になりました。
薬自体も飲み易いものに変わりました。
(以前のものはあまり美味しくなかったようなので)
アガリクスは今まで通り1日1回です。
(免疫力をあげる薬……っていうか健康食品?みたいな)

ついでに点滴も打ってもらいました。
体力の消耗具合から1週間に1回、点滴を打ったほうがいいかも、と言われましたよ。
時間と金銭的に少し痛いけど、まぁ、そんなことは生き物飼育するからには覚悟していることで。
私はただ1つの小さな命に対して、時間でも金でも気持ちでも、できることをしてあげるだけです。
その命が生きようとうする限り。

P8260452


















↑お尻の汚れが顕著;

|

« アオダイショウ膿腫?④ | トップページ | Japan Reptiles Show 2006. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139923/11651531

この記事へのトラックバック一覧です: 投薬3週間後:

« アオダイショウ膿腫?④ | トップページ | Japan Reptiles Show 2006. »