« デュビア。 | トップページ | カマキリ »

2006年9月28日 (木)

骨格標本試作編①

8月末に死亡したアオダイショウ♀、愛称:翠ちゃんを骨格標本にすることにしました。
っていうか、そもそも最初からそのつもりで冷凍庫に保存していたんですが;

とりあえず、これから下はそっち系の記事になるので苦手な方はご注意を。
写真の過激度は控え目ですが、嫌な予感する人は回れ右
閲覧後の苦情は受け付けませんのでご容赦下さい。








とりあえず、冷凍庫から取り出した翠ちゃんを自然解凍。
さすがに部屋に転がすわけにはいかんので、風呂場で1日放置しました。
解凍した翠ちゃんはヘロンヘロンだったよ?(笑)

【解凍後全体図↓】
06928_30_1










【頭部UP↓】
06928_28










【口腔内UP↓】
06928_29











腫れのあった顔面部分から上半身にかけて鬱血状態。
普通に口から血出るし……いきなり汚れる新聞紙、がーん;
下半身部分は綺麗なもんなのに、何故?
解凍したから?病気だったから?
専門知識に乏しいので分かりませんよ、頼りなーい。(苦笑)

手順に従って、まずは皮剥き。
脱皮前だったので、その皮を剥いて、その後、きちんと表皮も剥く。
皮をとっておこうかと思ったんですが、やはり死んでしまうと綺麗でない気がする。
あと、コツを掴むまでが酷かったので……今回は皮は破棄しました、ごめんなさい。
(最後はストッキングみたいに一続きで剥けたんだけど、惜しい!)

次の手順で、本格的に解体。
お腹を開いて、内臓を取り出しました。
こちらは全部一続きにとれたので、あまり苦労はしなかったかな。
尿管をぶち破ってしまい、尿酸溢れて酷い思いをしましたが、まぁ、ブタやマウスに比べれば全然臭くないので……まぁ、余裕かな。
ちなみに、卵はありませんでした。
(ヘビの内臓見たの初めてなので、ちょっと感動)

とれる肉だけとって、煮沸。
また肉とって、煮沸。
これを3~4回繰返しました。
頭と胴体は作業別々で。
胴体の勢いで煮沸するとバラけそうで怖かったので用心のため……作業もそのほうがし易いし。

あんまり肉とり頑張っちゃうと、細い骨折りそうで怖かったので、胴体部はパイプマンで処理することにしました。
頭部は胴体より丁寧に肉とりしてから、やはりパイプマン処理へ。
(頭部の剥皮と肉除去が一番大変だった……特に目から鼻にかけて)

【パイプマン処理中↓】
06928










パイプマンを入れた温水に漬けて1日と半分くらい。
(水換えは1度のみ行いました)
お肉がゼリー状になって、ズルズルする感じに。
ここで取れる部分は簡単に除去しました。

……肋骨を何本か折って、プラプラの状態にしてしまったけど;
……ついでに、尻尾がポロリと取れてしまったけど;
まぁ、後で瞬間接着剤に頼ろうと思います。
(尻尾がマジでもろい……少し引っ張ると綺麗に外れちゃう)

ストッキングには取れてしまったパーツと頭が入っています。
バラけてしまうと怖いし……頭ない骨格標本なんてカッコ悪すぎる。

……で、この状態で現在進行形です。
明日、また肉除去をしたいと思われ。
肋骨と尻尾をなくしそうで今から凄く怖いです;

ちなみに、パイプマン等の排水溝洗浄剤はあまり評判良くないですね;
「予想していたほどじゃなかった……」ってコメントが多い。
まぁ、ものは試しということで私はこの方法で頑張ってみますよ。

へなちょこ標本になっちゃったらゴメンね、翠ちゃん……。

【生前の翠ちゃん↓】
Photo










|

« デュビア。 | トップページ | カマキリ »

コメント

こんばんは~
デュビアといい、標本といい、最近同じことしてますね(笑)
自分は八重山蛙が★になったので、こないだまで、銀座でやっていた標本展を参考に、初標本をトライしてみたんですよ!
骨の構築はリアルプラモデルですよね!
でもパイプ洗浄剤で溶かしすぎて失敗してしまいましたが…

生き物が★になった標本にして最後まで僕たちを楽しませてくれるなんて、やはり生命体は奥深いですよね。

ちなみにデュビアはあまりにもひらべったすぎて、うちの子達には不向きだったデス。

この辺の作業はやっぱり一人暮らしじゃなくちゃ厳しいですよね…(汗)ではでは☆

投稿: ウザ明♪ | 2006年9月29日 (金) 22:05

おぉ~骨格標本ですか!か、皮むき! ひいぃ~
その分野はサッパリなのでちょっと衝撃でした。

投稿: still | 2006年9月29日 (金) 23:29

★ウザ明♪様

こんばんは!
何かやってること似たり寄ったり……奇遇ですね。(笑)

骨格標本、マジ難しか!です。
もう何本も肋骨折ってしまいましたよ;
特に慣れない最初の方……後の方はコツが掴めて除肉もスムーズにできたんですが、あうう。
私のアオダイショウはヘナチョコになりそーです。(苦笑)

投稿: ちあき | 2006年9月30日 (土) 00:40

★still様

何度かやってると慣れちゃうんですよね、慣れって怖いなぁ!
でも、皮剥きはやっぱりグロテスクには違いないので……それを思うと毛皮製品を娯楽で買う人って凄いなぁ、と思ったり。
あぁいう工程でできた産物を着るってのは、自分はちょっと想像できないなぁ;

とりあえず、私としては亡くした命は無駄にせず、ということで!
……いや、結局解体しても死因は「?」のままなんですが;
骨まで愛して★みたいな。(笑)

投稿: ちあき | 2006年9月30日 (土) 00:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139923/12077891

この記事へのトラックバック一覧です: 骨格標本試作編①:

« デュビア。 | トップページ | カマキリ »