« 2令カマキリ | トップページ | あけましておめでとうございます★ »

2006年11月30日 (木)

カマキリ日記

■2令編その後■

相変わらず続々と2令へと脱皮しております。
2令が出現したケージでは共食いが頻発し、個体数が激減;
1ケージで生き残れる2令個体は2匹が限度のようです。
(そのままにしておくと確実に1匹になりますけど)

1令のときは大きいケージ(15匹以上収容)と小さいケージ(5~8匹)で飼育していました。
2令が頻繁に出現したのは小ケージの方で、1令の時点でも大ケージより小ケージのほうが体の大きい個体が多かったように思えます。
恐らく小ケージの方がコオロギ密度が高かったため、捕食活動がし易かったのでしょう。
……2令になってからの共食い率が高いのも小ケージですけど、カマキリ密度的に。

現在、2令は発見次第、個別ケージでの飼育を行っています。
基本、脱皮を順調に終え、足に欠損がない個体から優先的に個別ケージへ移行です。
あとは他の個体より体の大きいものも優先しています。
(優先順位作らないとケージ数が半端ないことになります、本気で!)

【現在のカマキリアパート】
061130_1_1










ビバ100均★
円筒ケージも輪ゴムもガーゼも手に入ります。(笑)
円筒ケージはダ○ソーの醤油挿し。
元の蓋はポイしてガーゼで覆います。
……ダ○ソーで醤油挿しを10本も購入する私はきっと変な人。(爆)
(それでもまだ足りない;)

【2令カマキリ】061130_3











イエコ2~4mmサイズを捕食中。
カマキリ2令同士で共食いできるので、もう少し大きめイエコでも対応可能かも。
ただ、あまり大きいコオロギを投入すると反撃されるので注意が必要です。

ちなみにカマキリは『空腹=共食い』ではないので注意!
イエコがたくさんいても、関係なく共食いします。
『動くもの=餌』という構図で生きているので、共食いを避けたい場合は本当に1匹ずつ個別に飼育することをオススメします。
(正直な話、共食いをさせた方が発育は良いです;)

昆虫界で最強の名を誇るカマキリだからこそ、ベビーは驚くほど外敵に対して弱いです。
1令だとアリにも食われる弱さです。
多種族の捕食と同族の捕食の両方を潜り抜け、あの大きく逞しいカマキリ達は存在しているんですね。

『死は再生の輪廻の中で生を育む』

まさにその通りだと実感します。
生き物飼育からは学ばされることばかりですね。

|

« 2令カマキリ | トップページ | あけましておめでとうございます★ »

コメント

凄い数ですね!!

それぞれの容器内で勝ち残ったカマキリを、同じ容器に入れ・・・その中で勝ち残ったカマキリが最強ですかね?
沢山入れておいたら他のカマキリに気を取られているうち不意打ちとかありそうですが。
二頭づつ入れていけば最強がわかるのかも?


変なことをダラダラと考えてしまいました。

投稿: てふてふ | 2006年12月 2日 (土) 11:25

★てふてふ

カマキリの卵を孵化させるとこうなる;
これでも私的には少ないなぁと思うよ。

不意打ちされてるのは見たことないなぁ。
24時間食う気満々なわけではなくて、ちゃんと「狩りするぞ!」という気分?時間?があるみたいよ。
そうでない時はコオロギにもケツ上げて威嚇するからね。
(これが激可愛いッス★)

でも、最強カマキリ……私もそれ考えてたよ。(爆)

投稿: ちあき | 2006年12月 4日 (月) 01:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139923/12884940

この記事へのトラックバック一覧です: カマキリ日記:

« 2令カマキリ | トップページ | あけましておめでとうございます★ »