« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月19日 (土)

面白い。

08128_2












見ているときは潜ってて。
知らん顔していると何気にもぞもぞ動いてる。
その滑らかな動きといい、本当に面白いトカゲですな。
もう大好き★


こちらには爬虫類を取り扱うショップがないので。
あんまり目の保養にはなりません。

これ綺麗だなぁ、とか。
これちょっと欲しいなぁ、とか。
こんな模様もあるんだぁ、とか。

そういう刺激があんまりない。
(その刺激をフィールドに求めるので、それもありっちゃありなんだけど)

一番近いペットショップにちょくちょく行くんだけど。
いるのは、ミドリガメとフトアゴ、エボシカメレオン、カリキンな面子。
こないだ行ったらフトアゴがいなくなっていて、今日行ったらウォータードラゴンのベビーが入ってました。
……そういう顔のトカゲが好みなショップなのかしらん?
たまにはスキンクとか顔のっぺり系でもいいじゃない。
っていうか、私はその方がいい。(爆)

とりあえず本屋にも爬虫類本は一切ないので。
家にある本をたまにダラダラ読んでいます。
(そういえば、最近ようやく本屋にアクアリストが並ぶようになったわ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

ご飯の日。

帰りが早く、時間に余裕がある日は給餌の日。
ゴキブリの世話は小まめにすれども、主役である爬虫類はいたってマイペース。
決して怠惰であるわけではなく、給餌はそのくらいがちょうどいい。
(水換えと掃除に関してはもちろんマメにやってるよ、臭いの嫌だし)

ぼちぼち日も伸び、気温も上がり、爬虫類の活性も上がってきた。
アオジタもパイソンものそのそと食欲を増し始める嬉しい時期。
と、同時に彼らを観察するにも面白い時期になってきた。
冬の彼らはうんともすんともいわない置物だからね。(笑)

そんなわけで、楽しい楽しい給餌の時間。
「大きくなれよ~」と彼らの将来を思い描きながら餌をやる。
大きく太く、そして美しく!それが飼育の醍醐味じゃなかろうか。


08491












3週令ラット相手にやる気まんまんなウォーターパイソン。
ラットの方がマウスより断然反応がいいというのは、飼い主にとても優しい。
ヒヨコばかり喰らうどこかのパイソンとは大違いだ!(爆)

08492












鼻先からぐいぐい。
ラットの頭を探り当てるのが上手いので、見ていて安心できる食事。
下手に咥えて、諦められるのが一番辛いよね;

08493












ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »