« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

6月最後の宴。

このところ気温が低く、夜は10℃を下回る始末。
10℃下回る夜は成果よりもガソリン代が上回るので、外灯廻りは控えておりました。
昨日、ようやく日中も気温が上がり、昼はエゾシロチョウやサトキマダラ、カラスアゲハの乱舞が見られたので、こりゃ夜もいけるだろってことで久々の外灯廻りに行ってきました。
(久々といっても、週1度は様子見も含めて外灯廻ってるんですけどね)

いつもの道路気温表示計は11℃。
小雨と微風が気になるものの、蛾の活性はそこそこでした。
小型のケンモンとドクガ、シャチホコが目立ってました。
種類は分からなくとも、見かける頻度が多い蛾は何となく分かります。
また、お前らかってな感じです。(笑)

08629_5














↑6月末にして登場。
碧が美しいウンモンスズメでございます。
この渋い碧、波状の模様、何とも和心を感じさせる蛾ではありませんか。
後翅にちょこんと紅を添えている姿は、二重の着物を着いるように見えませんか?

私の中でウンモンと双璧を成すベニスズメは未登場。
楽しみ、楽しみ。

08629_15














↑未同定。(モモスズメ?)
自販機の前に2匹鎮座しておりました。
2年目にして初めて出会ったスズメなので、1匹は採集。
もう1匹は写真を撮りまくろうと思ったら、余所見しているうちにどこかへ行ってしまわれた……;;
云わずもがな、身の危険を感じたに違いない。
なので、あんまり写真撮れませんでした。
……顔のアップ写真が欲しかったのに。

図体大きいスズメは一度着地するとなかなか飛ばないイメージがありましたが、見事に裏切られて悲しい一夜でした。
こいつら一度飛翔すると弾丸の如くスピードでどっか行ってしまいます。
大きい、美しい、力強い……素敵過ぎます。

08629_23














↑そんなわけで、近くにいたウチスズメの撮影会に突入。
翅の美しさも魅力ですが、蛾は顔も魅力です。
生活スタイルに合わせて色んな顔してますからね。
全身と顔面は必ず撮りたい一枚です。

08629_2














↑思わぬところで素敵蜘蛛に出会う。
一時も休まることなき命の連鎖を感じた瞬間。
自販機に集まる虫たちを彼女は虎視眈々と狙っているのでしょう。
そういえば、蜘蛛が怒って脚振り上げる動作ってどうしようもなく萌えますよね。(爆)

風のある日は吹き曝しの駐車場外灯より、屋根のある自販機やコンビニのほうが虫の集まりが非常によろしいです。
この日の駐車場はセダカシャチホコとボロボロのオオミズアオ。
オオミズアオは少なくとも第1シーズンは終了ですね。
もう風を掴めない翅が何とも儚げでもあり、前進を続ける脚が力強くもありました。

死は再生の輪廻の中で生を育む。

毎夜出会う情景ながら、毎夜改めてそれを思い知らされるのでした。

あ、蛇足ですが。
北海道の夜道といえばシカとキツネ。
駐車場だろうが道道だろうが、ヘッドライトにキラリと光る彼らの目。
交通事故が怖いので、はらはらする瞬間です。
キツネは若いのがウロウロする時期なので、けっこう怖い。
昨晩は子キツネが飛び出してきて、なぜか車と同じ進行方向に逃げる。
私の車は子キツネの尻を低速でずっと追いかける。
脇にそれれば車は追いかけて来ないことをまだ知らなかったんでしょうか?(爆)
途中でようやく藪に飛び込んでくれてほっとしたというか、笑ってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

週末の仕事といえば。

もちろん、生き物のメンテナンスですよね。
水換え、糞掃除はその都度きちんとやってますが、ケージ改装とか大掃除とか給餌はだいたい週末にやるのが常です。
仕事から帰ってメンテしたら、だいたい夜も更けちゃいますね。

で、今日のメニューは。
●ハイブリアオジタのちびのケージ改装
●デュビアケージの大掃除
●アオダイショウとアシナシに給餌

デュビアは今まで親1ケージ、子1ケージだったのを子2ケージに分割。
ついでに床材も総とっかえして、死亡個体をちまちま除去しました。
(子ケージは死体もミニマムなので除去大変なんですよぅ!)
親ケージで誕生した子も分割しようかと思ったんですが、今回は根気切れです;
また次の機会ね。

ちなみに、デュビアメンテはアシナシ給餌と同時進行で行います。
選り分けながら、ぽいぽいっと適当にアシナシケージに放り込む。
アシナシへの給餌はこれで終了。(爆)


で、今回大変だったのはアオジタケージ改装です。
実はここんとこハイブリアオジタのちびの調子が若干落ちてまして。
要は下痢ぴーなんでございます。

オオアオジタのぷちと飼育環境は変わらないのに、ちびだけ下痢ぴー。
薄々思ってはいたんですが、たぶんちびはぷちより必要温度が高い。
2年前も食欲が落ちて獣医にかかって、結局、ケージ温度上げたら改善された経緯もあるんですよね。

埼玉の家ではレプロの豪邸で暖突&プレートヒーターでVIP待遇だったんですが、引越しの事情もありまして、今は改造衣装ケース飼育。
構造上、暖突をとっぱらって紫外線ライトもとっぱらってしまったので……まぁ、そこんとこに原因があるかもしれんなぁと。

と、いうわけで暖突と紫外線ライトに耐えるようにケージを改装したわけです。
既存ケージを改造しただけなので、時間にして2時間くらいかな?
昨年から電動ドリルを導入しているので、以前より全然楽でした。
(ちゃちいながらも、衣装ケース改造はけっこうやっているんですよ)

とりあえず、これで様子見ですね。
ちびはぷちに比べると良い意味でも悪い意味でもおとなしいんですよねぇ。
緊張するとすぐちびるし。(爆)

08626_5















↑ちなみにオオアオジタのぷちはゴキブリがマイブーム。
ゴキ喰うようになってから、バナナ喰わなくなってしまいました;;
ぷちは良い意味で図太くて、人が通ると餌をもらおうと寄ってきます。
おもらし率も低いので、手持ち無沙汰になったらだいたいぷちをハンドリング。(笑)

あぁ、アオジタ良いトカゲです。
思い入れも強いので、ずっと健康でいて欲しいし、努力したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイミング難しい。

今更ですが、給餌タイミングって難しいですよね。
我が家は何かと癖のある子ばかりなので、餌残るとかざらにあります。

言わずもがな、ボールは休眠明けと給餌スパンを読むのが難しいし。
ウォーターはまだ小さくて先輩大蛇の残した餌は呑めない。
一番頼みの綱であるはずのコモンはヒヨコしか喰わないという偏食娘。

このパイソントリオの給餌リズムが合わなくて、もったいない想いを何度したことか。
サイズ大のラットとか残されたらマジ凹みですよね。
お亡くなりな餌にも申し訳ないし、私の懐にも申し訳ない。
冷凍庫にあるマウス&ラットの消費率が非常に低くて最悪です。
……逆にヒヨコはアホのようにいなくなるんですけどね。
(鳥餌だと消化が心なしか早い気がする)

08626















↑水夏ちゃん
最近は専ら置き餌。
夜に餌放り込んで、朝起きるとなくなってるという何とも楽な給餌です。
とりあえず、ペットシーツの下に糞するのは激しくやめて欲しい。
神経図太いのかシーツの下で平気で糞と同居する。
何でそんなに臭いヘビになっちゃったの?

08626_6















↑檸檬ちゃん
空腹になると非常にうるさい。
諦めを知らず夜中でも徘徊、どったんばったん、ぷしゅーぷぴー。
埼玉にいたときは冬もアホのように喰ってましたが、さすがに北海道では冬は食事をお休みするようになりました。(もちろん、保温はしてますよ)
まぁ、暖かい季節だけなら要求に答えてやらなくもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

美黒

071030_12

















そろそろ暖かくなったので、デュビア欲しいな~って思ったら“完売”の二文字。
お母さんは在庫あるのに、お父さんの在庫がない。
お母さんはたくさんいるから、欲しいのはむしろお父さんなのに。

お母さんに比べて、お父さんは寿命が短いのですぐ少なくなるんです。
デュビアの利点はたくさんあるけど、残念ながら繁殖可能になるまで時間がかかるので。
じゃんじゃん子供を産んでもらわにゃ、需要と供給のバランスがとれない。
最初の資本となる親数が大事なんですよ、親数が。

最近、オオアオジタのぷちも生意気にデュビア大好きっ子になったので。
頑張って増えつつ、頑張って大きくなってもらわにゃいかんのです。
オオアオジタの口に見合うサイズって、けっこう巨大ですからね。
(いや、別に小さくても喰いますけど、何か寂しい)

我が家の幸せはゴキブリが支えているのです。
目指せゴキブリ長者★

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

蛾とガソリン代

金曜の夜なので少し遠くの外灯まで出かける。
しかし、今夜は蛾の活性がイマイチでダメダメでした。
走行距離と成果は比例しないってね。
全てはタイミングの一言に尽きます。
天候、気温、時期……そのタイミング。
とっておきの一瞬に出会うため、夜な夜な車を駆る毎日です。

……ガソリンの値上がりがここにきて痛いですね;

あ、写真は昨日撮ったものを載せておきます。
自販機の隙間まで丹念に調べた私の執念勝ち。(爆)


08619_14

















| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

霧の夜13℃。

職場を出たのが夜11時。
気温良好、天候良好、疲れていようと車を駆る駆る。
蛾の命は花の如く。
瞬きする間に命の盛りが過ぎて行く。

086191 
















つい一週間前とは顔ぶれががらりと変わる。
オオミズアオは羽を痛めたものが目立ち、ブドウスズメは姿も見えない。
艶やかなドクガや淡い階調のシャチホコガが目立つ。

08619
















シャチホコガも大好きな蛾の一つ。
特にこのセダカシャチホコは上品な色階調と愛嬌のある顔が素晴らしい。
ちょんまげのように立った背の柔毛もまた可愛らしい。

派手さこそないが、樹の幹に擬態するその自然な色合いに味がある。
名も分からぬシャチホコガたちを見ながら、その多彩さにうっとりする。

ちなみに、蛾の集まる近くのコンビニは今年も遂に殺虫灯を取り付けた。
命尽きる焦げ臭さの傍ら、好みの蛾を探す。
色々と思うところもあるが、殺虫灯に虫溢るる季節の到来を感じる。

今日採集したのは3種。
セダカシャチホコは除く、これは昨年すでに採集済。
とりあえず昨年採り逃したウチスズメをGET。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

模様替え。

オオミズアオ風味に模様替えしてみました。
なんだかどんどん田舎っ子になっていますね、とっても贅沢な暮らし。
鹿を喰らい、牛乳を飲み、山菜とキノコをいただく。
今日の夕飯は先日の乗馬で採った天然シイタケでした、マジうまっ★
(あ、ど○んこ乗馬教室通ってるんですよ)

昨晩から気温が下がり、蛾の活性が弱いので。
狩りに行けないこの想いをブログの模様替えにぶつけてみました。
ついでにそろそろ替えたいなぁと考えていたPCの壁紙も変更。(↓)

Photo_3

















どこまで蛾にするんだ、と。(笑)
現在、職場のノートPCも模様替えをもくろみ中です。
ちなみに昨夏はクロヒカゲでした。
で、冬はもちろん巨鳥。
今夏は……、ヤママユにしよっかな。
スズメガでもいいけど。
他に素敵な写真が撮れれば別に虫にこだわらないんですけどね~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

不作です。

今日もお天気。
気温も上々♪
調査の後に即刻向かう、今宵も外灯廻りなり。(爆)

だいぶ日が長くなって、何か20時だというのに若干明るいんですが。
こうなると外灯集合率が悪く、私の帰りも必然的に遅くなる。
21時過ぎないと本格的なモスラハントができません。

しかし、相手は生き物。
毎晩、毎晩、必ず出会えるわけもなく。
タイトル通り、今晩はダメでした。
オオミズアオもスズメもおらず。

道の途中の気温表示板が8℃だったので、気温も悪かったと思います。
かなり私的見解ですが、あの気温表示板の温度が10℃下回るとダメダメですね。
12℃以上が好ましい。

夜間も電気がついているコッ○ロ湿原のトイレにまで写真撮影に行ったのに……。
素敵蛾には出会えなかった……、素敵蜘蛛はけっこういたけど。

そんなわけで、今日は調査中に撮った写真を惰性で掲載しておきます。
(あ、調査も真面目にやってますので誤解なきよう・笑)

086121












エゾシカさんとか。(↑)
足元に子供を隠しているっぽい。
何度も何度もここで見た、きっとお乳をあげに来ているに違いない。

086122












ノビタキ(略してノビ太・爆)とか。(↑)
ここはオレの場所だい!嫁さん来い来い!って大威張り。
いや、この季節の♂鳥は大概威張ってるもんですけどね。

あぁ、眠い眠いです。
どうも疲れてるなぁと思えば、なんともう木曜日じゃないですか。
今週は色々外仕事が多くて、曜日感覚が変です。
疲労的には週末で正しいんですが、感覚的には火曜日です。

仕事もこなせて、蛾もきっちり採れる女になりたい。(なんじゃそりゃ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

月下美人。

Img_2303












仕事の後だろうが、明日は調査だろうが、コンディションが良ければ会いに行く。
月夜に舞う舞う美しき妖精とは、きっと彼らのことだろう。
オオミズアオの透き通る碧色には月がよく似合う。

どうやら、今夜はオオミズアオの発生にどんぴしゃだったらしい。
自慢の羽を広げ、短い夏に飛び出していく。

Img_2289












美しい羽に白い綿毛の胴。
桃色の脚に淡茶の顔、そして黒眼。
なんともメルヘンちっくな容姿をしている。

幾度目に焼き付けても飽きない。
自然と命の織り成す美しさに恋せずにはいられない。
心にしか留め置けない美しさが何とも焦れったい。

Img_2306












夏と光に導かれ集う彼らの、こんな姿は悲しい。
手にとまらせたときの脚の力強さや、羽ばたきの音。
まったく洒落っ気もない言葉だが、「小さな体に宿る命」を確かに感じる。
自分も彼らの死に加担しているわけだが、無残に散る姿はやはり悲しいのだ。
(一番上のオオミズアオも実はもう飛べない、車にぶつかったのだろうか?)

幼虫から繭となり、成虫となり、次世代へと命を繋いでいく。
それまでに幾つもの死があって、でも、ちゃんと来夏には彼らの姿を見ることができる。
蛾を愛でながら、何となくそんなことを考え、感動してしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スズメのお宿

08611_1













こちらのスズメは蛾ではなく、鳥のスズメ。(笑)

私の職場は手作り感溢れる建物なので。
20年も使っていれば壁にあちこち穴が開く。
そんな穴は鳥たちの絶好の棲家で、今年は3つがいのスズメが営巣した。

ときにヒナが巣から落ち、死んでしまったりもするのだが。
無事に育ったヒナたちは早々に巣の外で飛行訓練をする。
スズメの巣立ちは早い。
小さな体、敵もたくさん、親たちは暖かい季節の間、せっせと子育てを繰返す。
どんどん子孫を増やしていくのだ。

そんなヒナたちが、どうやら巣から出たらしい。
職場の看板の上にぼさぼさ羽毛のスズメを見つけた。
まだあまり上手く飛べないらしく、低空で木々の間をつたい飛んでいく。

北海道の自然は厳しいが、頑張れよ新参スズメたち!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初スズメ

昨日は根室まで出張でした。
一時の低温が嘘のようにこのところは紫外線大放出な夏日。
日中暑ければ夜も10℃~12℃くらいの気温を保っています。
そんな出張からの帰り道、夜道を車で走ればハイビームを横切る蟲たちの影。
ヒラヒラと舞うもの、ビュンっと通り過ぎるもの、嬉し楽しい蟲の季節を感じます。

特に私が気になっていたのは、ビュンっと通り過ぎる巨大な姿。
かなり大物が飛び回っている予感ムンムンです。

ってなわけで、出張から戻っても疲れたなんて言ってられません。
家に就く、自分の車に乗る、ひたすら外灯目掛けてまっしぐら。
明日は仕事……? 睡眠時間も大切ですが、今は蛾の方が大切です。(爆)

コンビニ、自動販売機……う~ん、悪くもないが良くもない。
見たことのある柄ばっかり、ヒラヒラ舞う小物ばかり。
小物の写真をぱちぱち撮りつつ、最後の外灯へと向かうと……!

086102














どーん!!!
去年もこの時期に出会ったものの、まだ採集知識がなかったため逃した大物。
ハネナガブドウスズメのご登場です。
(ハネナガですよね?ブドウちゃんとどう違うのかHelp Me!)

発生時期どんぴしゃ。
超極美、欠損なし、最高★

086101












↑悶える愛らしさ。顔も好きなんです、顔も。

低温が続き、蛾の発生が若干遅れたように感じていましたが、
こいつらが出てきたということは、これからスズメガじゃんじゃんきますよ。
写真も採集も楽しんじゃいますから♪

ちなみに↑の子は、私の標本箱にないので採集しました。
基本、1種1個体で済ませたいと思ってます。
そのかわり、今年はマクロレンズがあるので既採集種は写真を頑張る。

今年は平日であろうと条件良ければ外灯巡る所存でありますっ!
生き物はその季節でしか楽しめないし、その季節だからこそ楽しめるもの。
1日1日同じようで違う、季節は1秒1分、僅かでも確実に移り変わっていますからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

雨休日。

本日は休暇なり。
朝起きたら天気は雨。
雨音を聴きながらだらだらとまどろむ。
雨の中でかけるのもけっこう好きだけど、雨を口実に睡眠を貪るのも好きだ。

0865_2












そんな雨日だけど、天気の日の写真を載せる。
タンポポのめしべカールが好きだ。
何か昔のおもちゃのネジ巻きみたいで素敵。

セイヨウは移入種だけど、牧草地に咲き誇る姿は美しい。

あぁ、雨ざーざー。
巨鳥のヒナはどうしているんだろう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一人仕事。

職場で一人仕事は寂しいですたい。
外はお天気ポカポカなのに、寒い室内がまたいと悲し。
今日は電話もあんまり鳴らなかったし、あんまり人と話さない一日でした。
……原稿は進んだけどね~。

はて、鳥やら蟲記事ばっかりUPしちょるので。
同居人ネタでもちらっと。

0865_13












困ったときの場繋ぎレインちゃん(↑)

蟲が出るくらいの陽気ですから、うちの子らも活性上がってます。
室内で飼育していても命輝く季節!ってものはあるんですね。
次から次へと脱皮しちゃ、餌くれダンスですよ。

レインちゃんはゴキ給餌しても百発百中なので、安心して見てられます。
ヘビガタのトープは全くもってダメですね、一発でGETしてるところを見たことがない。
一体、何が違うんだろう。

ちなみに、今、カーペットの檸檬が背後で非常にやかましい。
餌が欲しいらしんですが、もうペットシーツがぐっちゃぐちゃ。
貴様は食い過ぎやっちゅーねん、我侭娘め……!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君に会いにいこう♪

ここ数日気温が高く、夜も気温は二桁を保ってくれている。
月もなく、風もなく、コンディション良好。
こりゃ、外灯廻るしかないっしょ!(爆)

買出し帰りの夜、車のヘッドライトを横切る羽虫たち。
気付けばフロントガラスにトビケラが張り付いている。
そういや、去年も季節になればトビケラが外灯に集まっていたはず。
こりゃ、大型の蟲が活動し始めたんじゃなかろうかと帰宅してゴソゴソと夜遊びの準備をしたわけですw

っていうか、家帰って早速ヒット★
家の前の外灯で甲虫に鉢合わせ、私の期待は急上昇!

0865_9












どれだけこの出会いとトキメキを待っていたことか!?(↑)

もう興奮気味で、家の前で一人撮影大会開始。
田舎の住宅街、夜の外灯の下、一眼を連写する女子あり……不気味!(爆)

それからルンルンで蛾の聖地セイ○マートに直行ですよ。
まだ時期的に小物が多かったですが、十分に楽しめました。
アイス買って食べながら、コンビニ周りをウロウロウロウロウロ……。
見つけては車に持ち込み、車の中で撮影大会してましたw

0865_17












今日の一押し★(↑)

この模様が堪らん。
薄っすら混じる渋緑が心にキュっとくるんですよ。
もう何度眺め回しても素敵過ぎる、素敵過ぎて目が離せない。

白系も綺麗なんですけどね、私はやっぱり柄系が好きですな。
目玉模様も素敵なんですけどね、私はやっぱり波系模様が好きですな。
こう見せ付けられるというか、気付かされる美しさが堪らないよ、蛾!!!

もう暇さえあれば外灯廻る。
これからが勝負の季節だ!
ベニスズメ~、ウンモン~、エゾシモフリ~♪
うひゃひゃひゃひゃwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

6月だよ!

08531_22












こんな季節に大はしゃぎで踊っちゃうのは新婚だからか?(↑)
初の奥さん、初のマイホーム(=縄張り)、なんかもうテンション高い感じ。
今後の009(写真左)に乞うご期待★

しかし、もう6月とはげげげげっ!ですな。
なにこの低温、蛾も採れやしない。
毎週末、外灯を廻って彼らの登場を心待ちにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »