« 燈盗蛾 | トップページ | 愛らしい君へ。 »

2008年7月24日 (木)

夜に恋する日。

もうその美しさに圧倒されるほどの、蛾の祭り。
7月後半にして、遂に命の盛りがやってきました。
コンビニの灯にびっしり群がる妖精たち。
駐車場の外灯に乱舞を繰返す妖精たち。
もう、立ち尽くすしかありません。
灯を見上げて、動くことすらままならない。

今夜の主役はジョウザンヒトリとアオシャク。
それと、シタバの仲間達。
つまり、ヤガの同定すらしたくない奴らがわんさかわんさか。
ごめん、嬉しいけどもう分からない。(笑)

087193















そんな中でも私はスズメガを逃さない。
大きさも色も地味だが、間違いなくスズメガです。
サザナミスズメ。

08723_86















こんな出会いはしたくなかった。
今年の発生を今か今かと待っていたのに、無残エゾシモフリスズメ。

08723_130















スズメガではないが、この時期はけっこうよく見かける。
ホシカレハ。
(顔がえらく可愛いんですが、ぢゅーって感じ・爆)

オオミズアオはボロボロの個体しか見なくなりました。
セダカシャチホコはまだねばっているけど、そろそろ下火?

外灯に紅を翻すのはベニスズメ、翅の黒い軌跡が美しい。
ウンモンもまだ元気です。
コエビガラスズメもまだ見られます。

他、見られたもの自分メモ。
ヨシカレハ、エダシャクの仲間(未同定)、ムクゲコノハ、ヨツボシノメイガ。

ちなみに、エゾシモフリスズメは飛んでいてもすぐ分かります。
異常に巨大、外灯に白い腹がえらく良く映える。
ってか、スズメガは直線的にガンガン飛ぶのでだいたい分かりますね。
ベニスズメとか一目瞭然です。

外灯周囲で耳を澄ましていてもよく分かります。
スズメガの着地はドテン!とデカい音がする上、羽音が非常に細かい。

蛾を浴びるほどに体感できて、非常に今晩は幸せでした。
いつまでだっていられるし、いつまでだって外灯を見上げていたかったな。
本当に泣きたくなるくらい、力強い命の乱舞に魅せられてしまいました。
生も死も紡がれる命、それは無残であっても愛しく美しいものなのです。

|

« 燈盗蛾 | トップページ | 愛らしい君へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139923/41952851

この記事へのトラックバック一覧です: 夜に恋する日。:

« 燈盗蛾 | トップページ | 愛らしい君へ。 »