« 舞々蛾。 | トップページ | 静寂 »

2008年8月 5日 (火)

夏休みの悲劇。

0884_5














外灯で出会う車が多くなってきた。
彼らの目的はクワガタ。
時期も夏休みとなれば、子どもと外灯を廻る方も多いことだろう。

夏の風物詩ともいえる昆虫採集。
生まれる命と消える命、消す命。
私が少女の頃そうだったように、今もそうであるように。
きっと子ども達はたくさんのことを夏から学んでいくのだろう。

ただ、気になるのは、車から降りない子が多いということ。
だいたい車から降りて採集するのは親だ。
他の蟲がいるから嫌?蚊に刺されるのが嫌?気持ち悪い蟲は嫌い?
車の中から親を応援する子どもに何だか悲しさを覚えてしまう。

みんなクワガタ「だけ」が欲しい。
デパートの商品棚から欲しいものだけ選び取るように。
外灯に車をぴったり横付けして、クワガタ「だけ」をさらって行く。

その後に残るのは車に無残に踏み潰されたクワガタ「ではない」もの。
私が撮影したカシワマイマイもそんな車にぺしゃんこにされてしまった。

蟲採りってそういうものだっけ?

蟲採りは大変だ。
だって、生きているものを採るんだもの。
気持ち悪いこと結構、苦労してなんぼ。
ひたすらに生きる命の、その声を聞かなければいけないのに。

感じることと、何も感じないことは大きく異なる。
買い与えられるように手に入れたクワガタを、ただ飼い殺してしまう意味とは。
ただ無機質に踏み潰された命の行方は?

お父さんとお母さんにお願いしたい。
昆虫を採取するときは、外灯に車を寄せないで。
ちゃんと離れた場所に駐車して来てください。
さらうものも、踏み潰したものも、値札のつかない命なんですよ。

|

« 舞々蛾。 | トップページ | 静寂 »

コメント

幻想的な写真に見えました。
ところが文章の方はシビアでリアルな内容でした。

「飛んで火にいる夏の蟲」といいますが、夏に盛んな蟲たちの短くもはかない命は昔、人間たちにも大切な意味を持っていたと思います。
蛍(ホタル)の光で勉強していた人が本当にいたのか知りませんが、俳句や文学などの芸術、または生活の中にも彼らは我々にとって時々出てきます。

コンビニに置いてある蟲ごろしの為の感電死電灯に集まる蟲を今年は観ました。
下を見るとカナブンの仲間が相当な数死んでいました。


相互リンクありがとうございます。
マツカサです。あの子は本当にのんびり屋です。
オーストラリアの過酷な自然だと蟲を追いかけ、車の下敷きになってしまうこと必至です。苦笑

どうせ飼うなら大切に飼いたいと思います。

コチラもリンク完了です。

投稿: コ―キキ | 2008年8月 5日 (火) 22:22

虫捕りは蚊に刺されてなんぼですね。
腐海じゃあるまいしそんな危険なことはないはず(笑)

親も子供自身に採らせなくては、それが子供自身の良
い経験になるんだから。
車のドア越しに見る虫捕りはたしてリアルなのか、バ
ーチャルなのか?

しかしこの蛾の数!羨ましいかぎりです。


投稿: りんぷん | 2008年8月 6日 (水) 23:42

ガキは車使わず自転車で虫取りにいったらいいんですよ。そして昆虫の多様多様性のなんたるかを分らず、クワガタにのみ情熱を注ぐ大人からまず滅びたら良いのですよ。
虫取りでも爬虫類採りでも理はあったはずなんですけど、最近はそうした事を無視して行なわれる事が多いですね。

まぁでも自分もそうでしたけど、蛾の魅力を分るのって中々難しいモンです。

投稿: 化野 | 2008年8月 7日 (木) 00:42

★コーキキ様
リンクありがとうございます。
今後ともよろしくお願いしますね!

いつからクワガタはデパートで買うもんになっちゃったんだかって感じです。
クワガタがいて、他の生き物がいて、蟲採りって子どもが色んな生き物との関係に気付く一つのきっかけだと思っていたんですけど;
ただの「もの」である命も悲惨ですが、それを学ぶことのできない子どもたちもまた憐れです。

マツカサ、大きくなると良いですね♪
大切に育てた生き物の成長って嬉しいですよね。


★りんぷん様
写真下手っぴでこれしか蛾が映りませんでした;
もう本当に雪が舞うように蛾祭りなんですよ★

そんな中に車が突っ込んでくるとショックです。
蛾が潰れるのもそうですけど、自分勝手だなぁと。
自分たちだけが採れればそれでいいんですかね?不思議。

本当は遠征行きたいです。
この季節に道南行けばヤママユ系がわんさかですよ!


★化野
蛾の魅力はゴキブリの魅力なみに難しいよねぇ。
気持ち悪いって言われるのはいいけど、死んでもいいって思われるのは嫌だなぁ。
クワガタさえ採れれば、他は踏み潰してもいいって何とも自分勝手じゃございませんか。
まぁ、デパートで買うもんがタダで手に入るくらいにしか考えてないだろうねぇ;

それを変とも思わぬ親あれば、子も然り。
悲しい連鎖や。

投稿: ちあき | 2008年8月 9日 (土) 02:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139923/42075717

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休みの悲劇。:

« 舞々蛾。 | トップページ | 静寂 »