« 秋空へ誘う | トップページ | 親鶉の巻。 »

2008年10月21日 (火)

雪の宴。

081020

















はらはらと舞う白い翅は雪のよう。
闇を照らせば、次から次へと飛び立つ姿が見えることだろう。
それは、今も続く宴。

10月も半ばだというのに、蛾は元気だ。
舞台の主役を代えながら、毎夜、命を繋ぐ宴を催す。
冬の足音も聞こえそうな秋の夜長に、外灯の下に佇むと、しんとした闇に彼らの声が聴こえてくる。

その瞬間が、たまらなく好きだ。

小さな主役が踊る中、ムクゲコノハの姿を見つけた。
この季節になってもまだいるのかと、意外な再会に喜ぶ。
彼女は極彩色の下翅を震わせて、力強く夜へと飛び立って行った。

私はどうやら彼らをみくびっていたらしい。
もう会えやしないと諦めていた私の傍で、彼らは粛々と宴を開催していたのだ。
まんまと私は晩秋の蛾の時期を逃した。
悔しいことこの上ない。

|

« 秋空へ誘う | トップページ | 親鶉の巻。 »

コメント

ひえ~!

埼玉の住宅街では考えられない光景です
この季節でもいる所にはいるんですね。

夏にさえムクゲコノハなぞ見つからない
ので羨ましい(探し足りないのかも)。

なんか羨んでばかりです(汗)

リンクの北本公園にむしはいますかね?
そう遠くないので行ってみたいです。


投稿: りんぷん | 2008年10月22日 (水) 00:58

★りんぷん様

北海道はもうだいぶ寒いんですよ。
でも、いるんですよねぇ。
かなり油断してました;
秋蛾って、こんな気温でも発生できるんですね。

こちらは時期になるとムクゲだらけですよ。
時期や時間によってもムラがあるので、お気に入りのポイントを見つけるまでが大変です。
結局、今年もあまり近場では開拓できませんでした。

北本は環境的にはそこそこ良いですよ。
採集は禁止ですが、写真や見るだけなら問題ないです。
埼玉にいた時期はモスラハンターではなかった(笑)ので、北本にどの程度発生するのかは詳しくないですけど;
でも、一度は外灯廻ってみたいかもって私も思ってます。

投稿: ちあき | 2008年10月25日 (土) 20:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139923/42856605

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の宴。:

« 秋空へ誘う | トップページ | 親鶉の巻。 »