« カラスヘビ | トップページ | 茶色い蚊取り線香が落ちていた。 »

2011年6月 9日 (木)

憧れて、焦がれて。

1106092

私をモスラ狂いにした、恐らくきっかけとなった蛾。
イボタガの幼虫です。

横浜の森で一度見て。
その美しさと衝撃が未だに忘れられません。

憧れて、焦がれて。
北海道の4年間の生活では出会うことができず。
ここにきて、ようやく幼虫に出会うことができました。

イボタガの羽化は3~4月。
ほかの蛾との競合を避けてか、かなり早い時期に成虫が出現します。
幼虫の時期はちょうど今、つまり今いる幼虫たちは蛹で冬を越し、翌春に出現する成虫になるのです。


……ということで、私が成虫に出会えるのは、翌春。
こちらは、イボタノキやネズミモチが多いので、虎視眈々と翌春を狙います。
今度こそ、チャンスをものにするぜ!


そう、これこそ恋ですよ。(笑)
会いたい、会いたい。

|

« カラスヘビ | トップページ | 茶色い蚊取り線香が落ちていた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139923/51901054

この記事へのトラックバック一覧です: 憧れて、焦がれて。:

« カラスヘビ | トップページ | 茶色い蚊取り線香が落ちていた。 »