« オオスカシバの飛翔 | トップページ | そうそう、恐竜に会いに行ったんだ。 »

2011年8月18日 (木)

アオジタ飼育方法(環境編)

◆はじめに◆
こちらに記載している飼育方法はあくまで参考・目安です。
生き物は道具や機械ではありませんので、同じ飼育の仕方をしたとして、必ずしも同じ結果が得られるわけではありません。
飼育とは常にトライ&エラー、試行錯誤の連続です。

特に爬虫類を初めとするエキゾチックアニマルと呼ばれる彼らは、犬猫のように愛玩動物として改良されたものではありません。
ペットとして販売されていても、それは野生生物には違いなく、我々とは異なる常識で生きているものです。
生き物を飼育・観察し、彼らを理解するとともに、野生生物を飼育するということの難しさとリスクも十分に理解していただければと思います。

みなさまと彼らとの同居生活が、より楽しく良いものになるよう。
少しでも参考になれば幸いです。

091012_11



◆アオジタトカゲのケージについて◆
基本的に、1頭につき1ケージが基本です。
他個体との同居が可能な場合もありますが、当然ながら個体間の相性に大きく左右されます。
事故の予防、個体の健康管理の面でも、私は単独飼育をおすすめしています。

●ケージ
我が家で飼育しているアオジタは2匹とも成体です。
幼体時は特大プラケでも飼育はできますが、最終的には90cmクラスのケージがあれば安心です。

ケージには、水槽、爬虫類専用ケージ、衣装ケースなどが利用できます。
立体運動はしないので、ケージの高さはあまり必要ありませんが、アオジタは体に柔軟性がないので、底面積は広めに確保してあげてください。

また、蓋は必須です。
強い力で押し上げられないよう、ロックがかかるものか、重りを乗せて必ず脱走を防いでください。
脱走とそれに伴う野外放逐を未然に防ぐことは、飼育者の義務であり、責任です。

ちなみに、我が家は衣装ケースの改造ケージを使用しています。
以前は爬虫類専用のレプロ(ガラスケージ)を使用していましたが、重量があり丸洗いに苦労すること、転勤族の身には移動の点で向かないこともあり、軽量でコストも安い衣装ケースに変更しました。


1108181
左の棚、衣装ケース3つがトカゲケージ。
(ちなみに木製のものは、ヘビケージです)

水槽等の大型ガラス製品は引っ越し業者は嫌がりますが、衣装ケースであれば、それが例えケージとして利用されているものであっても、普通の荷物と一緒に運搬してもらえます。

衣装ケースの改造については、コチラ



●レイアウト

ケージ内のレイアウトはシンプルが一番です。
余計なものをぐちゃぐちゃと入れても、引っかき回されるのがオチです。

<最低限必要>
①床材、②水入れ、③レンガ等の石

<あってもいいもの>
④エサ入れ ⑤シェルター(隠れ家) ⑥UV灯

<冬季対策>
⑦保温器具


1108182
我が家のケージ。
サイズは「44×74×23」なので、もうワンランク大きいとなお良いかも。

①床材
ペットシーツ、ウッドチップなど今まで色々なものを使ってきましたが、結局落ち着いたのはパームマットやピートモス、黒土です。

パームマットは園芸用に固めたものをお湯でほぐすものがストックに場所をとらず便利です。
ホームセンターによっては置いてなかったりもするので、ピートモスや黒土など、そのときにあるものを使うようにしています。
(黒土は重量があるので、ケージが重くなるのが難点)

床材を厚めに敷けば勝手に潜るので、シェルターいらずです。
我が家では、1週間に1回くらいの頻度で、園芸用スコップを使って床材を撹拌しつつ糞の塊を探して取り除いています。
床材が減ってきたら、もしくは臭いがするようになったら、床材を全て捨て、新しい床材に交換しています。

②水入れ
どんなものでもいいですが、軽いとひっくり返されます。
重量のあるものを選んでください。
アオジタの体が浸るくらいの大きさのものであれば、気温が高いときの体温調節に役立ちます。

③レンガ等の石
ホームセンターの園芸コーナーや百均のレンガで十分です。
足の爪の伸び過ぎ防止、脱皮時に体を擦りつける場所として利用できます。

④エサ入れ
我が家はピンセットで直接給餌を行っているので、使用していません。
トカゲ用ペレットを与えていたときは、常設していました。
水入れ同様、ひっくり返されないものを。

⑤シェルター(隠れ家)
床材に潜ることをシェルター代わりにしています。
そこまで神経質な種類でもないので、我が家では幼体時にもシェルターは設置していませんでした。

⑥UV灯
我が家では常設はしていません。
気づいたときにたまに照射する程度です。
毎日照射してやる場合は、必ず光から逃げられる場所を作ってあげるようにしてください。
自分で好きな環境を選べるようにすることが大切です。

UVについて。
http://allabout.co.jp/pet/reptiles/closeup/CU20020320a/


⑦保温器具
保温はだいたい冬場に徹底します。
気温が低いと明らかに食欲が減退します。

我が家では、暖突をケージ上面1/2程度の範囲で。
小型パネルヒーターも入れています。
保温はケージの一部分のみを集中的に行い、生体が好ききな温度域を個体自身が選べるようにするのがベストです。

アオジタのように腹を引き摺るトカゲは腹部を冷やすと調子を崩しやすいので、パネルヒーターは重要です。
ただ、パネルヒータだけだと空気全体が暖まらず、冷たい空気によって肺を痛める可能性もあるので、保温器具はあくまで補助的なものだと考えてください。
基本、我が家では寒くなったら部屋全体を暖房保温です。

|

« オオスカシバの飛翔 | トップページ | そうそう、恐竜に会いに行ったんだ。 »

コメント

初めまして!トゥモローと言います。
オオアオジタトカゲ(たぶんアンボン)を飼育してまだ数カ月のひよっこ飼育者です(笑)
ところでアオジタの飼育について質問なんですが、ケージの丸洗いというのは絶対に必要なんでしょうか。(ケージにはレプロを使っています)
床材(ピートモス)を取り換えたりはしますが…
お時間があればお答え下さい。

投稿: トゥモロー | 2011年8月18日 (木) 18:40

★トゥモローさま

はじめまして、ちあきと申します。
レスが遅くなり、申し訳ありません。

レプロを使用しているとのこと、丸洗いはさぞや大変でしょう……。
床材をそこそこ敷いておけば、直接レプロが汚れることもないですし、糞をこまめに取り除いているのであれば、丸洗いほど大掛かりなことはあまり必要ないかと思います。

カビやダニなどを防ぐ衛生面の管理としては、大掃除という形で床材を全交換する日を設けるなどすれば良いと思います。
私がレプロを使用していたときは、床材を全交換する際にケージを薄めたアルコールで水ぶきし、乾かすという方法で大掃除をしていました。

以上、少しでも参考になれば幸いです。
素敵なアオジタライフ(笑)を是非楽しんでくださいね♪

投稿: ちあき | 2011年8月21日 (日) 00:27

トゥモローです。お返事有り難うございます。
なんだかとんちんかんな内容、文体の質問で申し訳ありませんでした。
少し前まで木製ケージを使っていたので僕もアルコール消毒はよくやってました(笑)

ところで、過去の記事を読ませて頂いたのですが、生物に対する情熱の深い方のようですね。
若いのにすごい!尊敬します(笑)
これからも素敵な生き物ライフを楽しんでください(笑)

投稿: トゥモロー | 2011年8月22日 (月) 17:26

こんにちは
オオアオジタトカゲを飼いたいのですが、飼い方がいまいちわかりません。
なので僕のメールアドレスに飼い方を書いて送ってくれませんか?

投稿: アオジタいいなー | 2013年11月18日 (月) 17:41

僕のメールアドレスはdqxidka709411@gmail.comです。
よろしくお願いします

投稿: アオジタいいなー | 2013年11月18日 (月) 17:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139923/52504803

この記事へのトラックバック一覧です: アオジタ飼育方法(環境編):

« オオスカシバの飛翔 | トップページ | そうそう、恐竜に会いに行ったんだ。 »