« ヤママユとクスサン | トップページ | 宴の夜。 »

2011年11月 9日 (水)

懐かしの毛虫。

111109


9月に出会ったアメリカシロヒトリの幼虫。
昔は桜の害虫の代名詞的存在で、かくいう私も大嫌いな毛虫だった。
桜の下を歩けば、ぼとぼとと落ちてきて、桜の並木道なぞ歩きたくなかった。


そんな私も大人になって。
あの頃の私に言ってやりたいことがある。


こんないたいけな蛾の赤ん坊を、気持ち悪いとは何事か!



アメリカシロヒトリ、撫で繰り回したいほど愛らしい毛虫である。
どうしてこんな毛虫大好きな大人になってしまったのか、自分でもよく分からない。(笑)



ちなみに、桜といえば無条件にアメリカシロヒトリばかりと思っていたが。
桜は幼虫に大人気の植物なので、もちろん全ての毛虫がアメリカシロヒトリではない。
うちの実家には大きな桜の木があるけれど、今までアメリカシロヒトリだと思っていた毛虫は、よくよく調べてみるとモンクロシャチホコの幼虫だったりした。
そして、クロシタアオイラガもよくついている。


これまたあの頃は大層嫌な毛虫だと思っていたが。
最近は我が家の桜も駆虫を丁寧にやるようになってしまって、気持ち悪いと思うほどの毛虫祭りにはもう遭遇できなくなってしまった。
今思うと、非常に贅沢な環境であり、同時に非常に残念である。

|

« ヤママユとクスサン | トップページ | 宴の夜。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139923/53204533

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの毛虫。:

« ヤママユとクスサン | トップページ | 宴の夜。 »