« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月30日 (月)

銀河を閉じ込めて。

今年初のアケビコノハの幼虫です。
アケビを見つけると、まず彼らを探さずにはいられない病気。(笑)


1204301

アケビの葉ではなく、茎をぼりぼり食っておりました。
お食事中の幼虫って、ものすごく可愛いですよね。
どんどんアケビの茎が小さな幼虫の体内に吸い込まれていく不思議。


1204302

お食事中、大変申し訳ないけれど。
お決まりのポーズをとって欲しくて、ツンツンしてみました。(笑)
期待を裏切らない可愛いやつです。




紺か黒か。
柔らかな色合いに刻まれた鮮やかな青と黄の模様。
目玉模様のレモンイエローは優しいグラデーションを描いて。
まるで宇宙を飾る星々を閉じ込めたようでした。


銀河の幼虫アケビコノハ。
森でみつけた小さな命の宝物です。


これだから、フィールドでの出会いはやめられません。
写真にもイラストにも、もちろん標本にも決して残せない。
みつけた人だけが独り占めできる、輝きなのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

第二回もぞもぞ虫・蟲展終了しました!

多くの方にご来場いただき、誠にありがとうございました!
グッズも予想以上にお嫁にもらっていただいて、大変嬉しいです。
自然を楽しむ一つの方法、その素晴らしさを伝える一つの手法として、また機会があれば参加したいなと思います。
もちろん、虫では蛾しか描きませんが。(爆)

今回、出品した作品を、イラスト倉庫「彩Clip」にアップしました。
9作品全てを掲載しましたので、記事が下に長-くなりましたが。(笑)
ご覧いただければ幸いです。

ちなみに、こんな風に展示していただきました♪(↓)
茶色い蛾ばかりで申し訳ありませんが、地味蛾こそ蛾の本領ですのでwww


12042910


今回はほぼメジャーな蛾でしたが。
もし今後機会があれば、もう少しマイナーな方向でいきたいと思います。
例え色鮮やかさが失われようとも、模様の複雑さで勝負です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二回もぞもぞ虫・蟲展

2012年4月17日~29日、東京高円寺の「たまごの工房」で開催されていた「第二回もぞもぞ虫・蟲展」に出品した作品です。
おかげさまで多くの方にご来場いただき、盛況のうちに終了することができました。
応援してくださった皆様、会場に足を運んでくださった皆様、誠にありがとうございました!




<身近なヤママユガ科の仲間シリーズ>

ウスタビガ(♂)

1204291_4



エゾヨツメ(♂)
1204292_2



オオミズアオ(♂)
1204293



クスサン(♂)

1204294



シンジュサン(♂)
1204295



ヒメヤママユ(♂)

1204296



ヤママユ(♂)
1204297



<幼虫&成虫シリーズ>


ヨシカレハ
1204298_3



アケビコノハ

1204299

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

もぞ蟲展に行ってきた!

そして、まんまと散財してきた!(爆)
だって、みなさんの作品、素敵過ぎるんだもーん!


で、早速、今回の戦利品。
他にみのじさんの缶バッジとか守亜さんのイボタガ根付とか、KAERU NINJAさんのオトシブミ付箋とか買ったけど。
もう自分の持ち物につけちゃったり、職場でお土産として配っちゃったので、写真撮ってないのもあるんだよーん。(笑)


 

1204252


とりあえず、手元にあるのは、きのぶさんのシャクトリマグ、こざいく堂さんの蛾紋てぬぐい、みのじさんの東京の虫てぬぐい。
え、「おまえ、去年もシャクトリマグ買ってなかった?」ですって?
うん、でも、あれは家用じゃんか。
今年は職場でも使おうと思って、買ったんですよぅ。(爆)



シャクトリマグでお茶飲んで。
てぬぐい巻いて、蛾の夜間採集に挑むんだい!
ついでに、以前、守亜さんのとこから、ヨナグニサンパーカーも買っていて。
みのじさんの幼虫の顔の缶バッジを帽子につけているので。
もう24時間365日、しかも全身、蛾・モス・モスラ!で、夜間採集に挑める幸せ♪
うひゃひゃひゃひゃ♪♪♪



……って、自分が楽しんでいる話ばかりですね、すんません。
私は24日のみ行きましたが、平日にも関わらずたくさんの方が足を運んでくださって、本当にありがとうございます。
うちのグッズも次々とお嫁に行き、大変嬉しく思っています。
エゾヨツメにツボってくださった方とか、ヤママユガ科ポストカードをコンプしてくださった方とか、蛾の話に花を咲かせることができたこと、楽しかったなぁ!(笑)
一日しかいられなかったことが、非常に残念であります。
今後も機会があれば……というか、自分が欲しい蛾グッズは描きたいし、作っていきたいなぁという欲望の塊www




ちなみに、欲しい蛾グッズといえば、こんなの作ってみたりしてました。
ちょっとしたお遊びというか、お試しというか。

1204251

メモ帳用のヨシカレハをシール印刷して、携帯に貼ってみた♪
何と見事な蛾携帯! 私だけ大喜びで他ドン引き!(爆)
けっこう見栄え良いことが分かったので、毛虫だらけぇぇぇ!とかも作ったら楽しそう★



そんなこんなで、充実しまくりな帰省でした。
今日、こちらに戻ってきて、職場でアオダイショウ撮影
我ながら特に濃い連休だったと思いますw



もぞ蟲展は、4月29日まで開催中です。
引き続き、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アオダイショウもびよよーん。

春ですね♪
ヘビ運がない、ヘビ運がないと騒いでおりましたが。
いよいよ、今年も運が上昇してまいりましたよ!

るんるん♪でヘビを探し、見つけては何となく掴む。
ヘビにとっては大迷惑な私です、こんにちは。(笑)
あ、何となくといっても、ちゃんと有毒・無毒は見分けているのでご安心を!


今回、遊んでくれたのは、アオダイショウの若者です。
森をてろてろ歩いていたら気配がしたので振り向いたら、こっち見てフリーズしてましたw
うーん、そういときは一目散に逃げたほうがいいよ?


1204254

びよよーんって、させてみた。(笑)
木登り得意なアオダイショウ、本当に巧みに登ります。
しかも、どんどん上のほうに行こうとする……今は上のほうが安全だって、ちゃんと分かってるんだなーとひとしきり感心。
まぁ、上に行く前に引き摺り下ろされちゃうんですけどね、私に。

1204253

お顔はこーんな感じ。
シマヘビに比べるといまいち締まりが足りませんが(笑)、私はアオダイショウのこの顔が一番好きです。
なんというか、天然系? ぼんやりで優しい顔だと思うので。


この子は、なかなか将来有望そうな美人さんでした。
アオダイショウ大好きなので、みつけたときは「うひゃひゃひゃひゃwww」ってなりましたけど、考えてみれば、いつも「うひゃひゃひゃひゃwww」ってなってますね、私。
生き物との出会いって楽しいので、ちょっと変な人になっちゃうのも仕方がないんです、きっと、たぶん、うん。


アオダイショウはもちろん、ちゃんと住んでるお山に帰してあげます。
ちょうど小鳥の繁殖期だし、いっぱい食べて大きくなれよ。





……って、野鳥ファンに怒られそうだけど、私は野鳥も好きですよ。
小鳥もヘビも、ヘビを食べる鳥も動物も、みんなあるがままに生きてくれよってことです。
小鳥もヘビにみつからないよう、子育て頑張って!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

もぞ蟲展に行くよー。

東京高円寺、たまごの工房で開催中の「もぞもぞ虫・蟲展」
大勢の方が来てくださっているとのこと、誠にありがとうございます!

仕事の関係で平日になってしまいますが、24日(火)には私も会場へ行きます。
私は遠方なこともあり、搬入や陳列は工房の方にやっていただきまして。
なので、まだ他の方々の作品を見ていないのです。
とっても楽しみ♪


色々な方にグッズも手にとっていただいているようで、大変嬉しいです。
心配していたヨシカレハのメモ帳も順調にお嫁にいっているようですし。(笑)
是非、フィールドで本物を見つけたら、そちらも愛でてやってくだされ!


火曜日に心置きなく、楽しめるよう。
今晩中に死ぬ気で展翅を終わらせますよぅ!


087317_2

道東の鶴○村にて、ヨシカレハ。
その下は、ゴキブリカミキリ……じゃなかった、ノコギリカミキリです。(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

蛾貧乏。

お金がない♪ お金がない♪
標本箱を買うお金がない♪

……全ては車の定期点検のせいです。
あと、ついでに一昨日、ガードレールに車擦って、また出費!
新しい標本箱が欲しいよぅ!!!
っていうか、標本箱がないと展翅板が空かないんだよっ!!!!


まぁ、きっとこんなの序の口なんですが。
改めて数えてみたら、我が家の標本箱が13箱になってましたw
展翅すら独学で始めたワタクシ、何かもうどっぷりですねwww


120418


標本箱、写真に入り切りませんでした。(爆)
標本箱に無駄なスペースが多いのは、実はまだラベルつけてないからです;
日付と場所ごとに空白で仕切って、あとで分かるようにしています。
まぁ、要するに同定が全く追いついてないってことです、わーお!
シャクガ、中型・小型ヤガは特に亀の歩みですからね、ほげぇ。



もぞ蟲展のほうは完全に落ち着いたので。
その間、特におざなりになっていた、本物の蛾をちゃんとやらねばって感じです。
こんだけ死体積み上げといて、「採っただけです、てへ♪」ってわけにはいかん。



24時間365日は言い過ぎだとしても。
完全に生活を蛾に喰われているのは間違いないと思われます。
世の中にはブランド品にお金をかける女子もおりますが、蛾にお金をかける女子も確かに存在します。
そう例えばここに。(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

今日からもぞ蟲展ですよ~。

今日から東京高円寺のたまごの工房で、「もぞ蟲展(略)」開催してまーす!
マジな話で、24時間365日蛾漬けになりつつあるワタクシ。
当然、蛾のイラストで出展しておりますので、お時間があれば是非♪

私しか喜ばないかもしれない、蛾グッズもありますですよ。(笑)
グッズのラインナップはコチラ



ストラップ 7種類 各350円
ポストカード 7種類 各150円
メモ帳 430円


……って、感じの価格になってます♪
一つずつ買っても、千円札でお釣りがきますよ。(笑)


作品を楽しんでもらうのももちろんですけど。
嫌われがちな蛾の魅力を少しでも知ってもらって、身近な自然の生き物たちに目を向けるきっかけにしていただければ、とっても嬉しいです。


イラスト描いてて何ですが、本物に勝るものなし! 生きてるものに勝るものなしです!
写真ですら、標本ですら、本物の全てを語ってはいません。
蛾好きだから言います、是非、蛾をフィールドで愛でて!(爆)


……と、世界の中心で蛾を発狂しちゃう私は。
24日(火)に工房にいる予定。
何時までいるかは分からんけど。
本業の都合上、土日は休みとれませんでした、すんません。


120417


作品は、会場でのお楽しみということでw
展示会が終了したら、ブログにもアップしますね~。
上はこないだ盛り上がってた、春巨大蛾2種を展翅したやつ。


今日も今日とて展翅です、さっき今週のラスト20個体を展翅しました。
ほっとするのもつかの間、また今週も採集ですよぅ!
展翅板ない、虫ピンも尽きた……あぁ、乾燥終わったやつを展翅板から外さなきゃorz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

みんな、みんな、一緒だよ。

120415_2_3


わーい!


120415_3


わーい!!


120415_1


わーい!!!









……って、嫌いな人、すみません。(爆)




春の陽気に誘われて、孵化した兄弟たちがわいわいと食事中。
長男が次男に触れ、次男が三男に触れ、三男が四男に触れ……何かみんな連鎖反応で「やだやだ触らないで~!」の頭ぶんぶん行動してて凄い笑ったwww
(いや、どれが長男で長女で次男なのか次女なのか分からんけどw)


ちゃんと調べてないけど、たぶんドクガの仲間の赤ちゃんかな。
みんな、みんな一緒でわいわいと、とっても可愛らしいですねぇ。
まぁ、触るのはさすがの私でも遠慮しますが。(笑)


このまま頑張って大きくなってもらって、もっともっと素敵な毛虫になって!
ヨダレが出るほど楽しみにしてる、えっへっへっ、げっへっへっwww

120415_4


頭部が黄色くないから、チャドクガではないと思うんだよな~。
もう少し大きくなったら、頭がツインテールちっくになって、ロリロリ萌え萌えになるはずですよ~。
再三言ってますが、ツインテールにネコミミ、しかも幼虫だからロリロリで、蛾っていうのは萌えの最先端をいってますよねぇ。
これが萌えの原点やろ、秋葉原なんて目じゃないぜ!(爆)



群れる毛虫ってホント可愛い。
みつけるともの凄く得をした気分になりますね。



兄弟がずっと一緒にいることはないけれど。
みんな頑張って生き抜いて、立派な成虫になるんだよ。
応援してる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

春の宴、桜の宴。

昨日はきっと春の神様の宴だったんだと思います。
ついに、私はやりました。
一夜にして、焦がれに焦がれていた蛾二種に出会ってしまったのですよ。


1204122

その名も、イボタガとオオシモフリスズメ。
春を代表する巨大蛾です。


ちゃっかり、採ってしまってますが。
イボタガもオオシモフリスズメも外灯に飛来していました。
ばったばったと夜空に舞うイボタガ複数……飛んでるのは初めてみたので感動しました。
あれは天使か妖精か、間違いないです。

1204123_2

英語では、Owl mothといいます。
イボタガ科は日本ではこのイボタガただ一種。
年一回、春だけに姿を現す美しき妖精です。


昨日はすでに写真も採集も済ませて余裕があったので。
念願叶って、ついに手乗りイボタガしちゃいました!
幸せいっぱい、夢いっぱい♪


1204121

そして、オオシモフリスズメ。
日本で一番大きなスズメガです。
食草はサクラなどのバラ科ですが、これに焦がれて焦がれて探してたんですよ。


大して期待もせずに寄ったコンビニ。
車から降りたら……足元にいました。
一瞬、フリーズして息が詰まっちまいました。
そう、これが恋です。(爆)


1204125

どうですか、この美しさ。
単色に見える体毛は実は複雑な色と光を放ち、ピンクがかったセピア色はまさしく桜の妖精に相応しい。
しかも、威嚇するときにギイギイと鳴く。(笑)
美しさと愛らしさを兼ね備えた、至高の存在ですよ。
(その至高の存在を毒ビンに入れたのは、私です・鬼)


1204124


あぁ、美しきかな。
この美しさ、魅入られてしまったこの想い。
これは絶対に標本や図鑑では分からない。


こうして私は蛾を標本にするわけですが。
本当の美しさとは、絶対に残すことができないことも分かっています。
命あるからこそ美しいのです。


季節の中のほんの一瞬の煌き、出会えたその奇跡。
標本の向こう側生きたその面影を思い出し、またもう一度会いたいと、きっと焦がれ続けるのだと思います。
それは一種の呪いか魔術のようですね、一度魅入られれば、もう目が離せない。
魂を奪われ続けることすら、私には幸せです。


桜より、私に春を告げてくれるもの。
それはやはり、蛾との出会いなのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

何か落ちてきたよ、びよよーん♪

120410


私の前に落ちてくるとは、いと愚かなり!!!(爆)
うひゃひゃひゃひゃーと弄ばれてしまった、不運なカラスヘビさんですw


真っ黒じゃないカラスヘビもなかなかお洒落だなぁと思いました。
斑のない全身真っ黒も嫌いじゃないですが、薄黄の斑点を散らしたような柄もなかなか趣があっていいですね。
カラスヘビの割には非常に大人しく、更に体格も良かったので、とっても素敵な個体でしたよ。


ある程度、遊んでもらって、元の場所でばいばいしました。
良い季節になってきましたね。
今年はどんな主が私と遊んでくれるのかしらんwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

【もぞ蟲展】蛾グッズ

10作品仕上げようと予定していましたが。
新年度で仕事が立て込んでて、MPがゼロになりました。(爆)
無理に気力を振り絞って描いたところでクオリティが下がる一方な気がするので、もぞ蟲展で飾っていただくイラストは9点になります~。

描きたい蛾が多すぎる……んだけど、まぁ、体が追いつきません。
作品描き終わってみれば、けっこうメジャーなところ描いちゃってます。
蛾といえば地味蛾! 蛾といえば毛虫! 森林害虫ばっちこい!なんですけどね。
みんながあんまり気にしない、あるいは好きじゃないだろう蛾の魅力こそ伝えたいところなんだけど。


まぁ、そんな前書きはいいとして。
ぼちぼち展示日が近づいて参りましたので、蛾グッズの紹介。
24時間365日、蛾のことしか考えてない変態女が主に自分のためだけに作りましたw
撮ってキャッキャッ♪ 採ってキャッキャッ♪ 愛でてキャッキャッ♪ そして、もちろん描いて作ってキャッキャッ♪ですよ。

1204082_3

以前も独りで作って盛り上がっていた、プラ板ストラップ。
身近に見られるヤママユの仲間シリーズで7種類作りました。
あくまで「身近」なので、ヨナグニサンとかはいません。
珍しいだけが華じゃない、身近な蛾にも親しんでねってことで。
(写真は一部抜粋で、ヤママユとオオミズアオ)



1204081_2

あと、メモ帳作ってみました。
釧路湿原隣接する道東の地で、溢れんばかりに生を謳歌していたヨシカレハ。
さすが北海道なだけあって平地にわんさかいましたが、本州では標高高めのところにいる蛾なんですね~。
カレハガの仲間は幼虫が毛虫で巨大なので、嫌いな人のほうが多いでしょうが。
残念ながら(?)、私は成虫も幼虫も愛して止まないのですよ。


あなたのデスクに、毛虫という癒しと潤いを!!!
私はすでに職場で使っておりまする。(爆)


他、ヤママユ科はポストカードも作りましたので。
お土産に是非どうぞ。
100均一の木枠の額に入れると、それなりに見えると思う。
トイレにでも飾ってくれ。
(別にトイレじゃなくてもいいけどw)

グッズには限りがあるので、なくなってたらごめんなさい。
まぁ、んなこたないと思うけど。(笑)

もぞ蟲展日程はコチラ


お誘いあわせの上、足を運んでいただけると嬉しいです♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 5日 (木)

降臨

これを降臨と言わずして、何と言おうか。
私がその姿を初めて見たのは、忘れもしない5年前。
出会いは、横浜の森でのことだった。


それから色々とあったけれど。
私の記憶に焼きついたあの鮮烈な面影は、決して色褪せることはなかった。
あぁ、何と高貴で美しきことかな。
思えば、あのときすでに、私はかの生き物に魂を奪われていたのかもしれない。


春になると、あの生き物を想わずにはいられない。
あの姿を求めずにはいられない。
たった一度きりの出会いだったはずなのに、それは簡単に私をこの世界へとのめり込ませた。


そして、ようやく。
私はこの春、今日、この日に。
彼との再会を果たしたのだ。


120405_2


イボタガ。
翻る金色、見つめ返す幾何学の目玉。
年に一度だけ、この早春に降臨する、美し過ぎる蛾。

120405_3

120405_1


やがて、彼は伴侶を求めて夕闇へと飛び立つ。
短い生を終え、産み落とされた新たな命に、私はまた奇跡の再会を願うのだ。

続きを読む "降臨"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »