« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月29日 (火)

こっこが産まれたよ!

我が家にも、待望のラットの赤ちゃんが誕生しました!
出産日は5月23日で、現在進行形ですくすくと成長中です♪


実は昨年迎えたペアが、母親のスミレの2回の子食いで繁殖成功せず。
そのまま、オスのキランが体調を崩し……このペアでの繁殖は諦めという結果に。


で、今年、2ペアを新たに迎えまして!
このたび、めでたく出産を迎えたわけでごじゃります!



120529_2

これ、赤ちゃん。(笑)
新しく迎えた4匹、ハコベ(♀)、ナズナ(♀)、タビラコ(♂)、セリ(♂)の、名づけて春の水田雑草ズを、まとめて一つのケージで飼ったら、無事に女の子2匹がご懐妊♪
これだよ、これ! ネズミはこうでなくっちゃ!!!


1204172

左がナズナ(♀)で、右がセリ(♂)。


1204171

左がハコベ(♀)で、右がタビラコ(♂)。
まだ来たばかりの頃の写真なので、今はもっとふてぶてしい顔になってますwww
特にタビラコの肥え方がやばいので、絶賛ダイエット中。
太りやすい体質なのか、食意地が張っているのか……あるいは両方?


ハコベはちゃんと数えたら、子どもは11匹。
ナズナは、7匹です。
合計すると、18匹ベビーズ♪


赤ちゃんの体色を見ると、何となくどちらも父親はセリな気がします。
性格からしても、常に女の子の尻を追いかけてるのはセリなので;
タビラコは図体デカいけど、女の子へのアプローチは今一歩遅い。


赤ちゃんは、日に日に大きくなっています。
目が開く日が非常に楽しみです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

マイマイ三兄弟♪

まぁ、可愛い!
ダンゴ三兄弟的な!(古いかw)


マイマイガに引き続き。
迷子のオオヤママイマイを誘拐し。
更に、カシワマイマイまで誘拐してきましたよ。(酷)



すんません、ドクガ好きなんです。
カレハガとかも大好きなんです。


あのいかにもな、「オレさま、毒あるかもよ!」ってカラーセンスとか。
あのいかにもな、「オレさま、触るとチクチクだぜ!」っていう造形とか。


不快害虫とかいう意味が心底分からん。
ソメイヨシノなぞ、花じゃなくて毛虫を愛でる木にすりゃいいんじゃないの?
花見ならぬ、毛虫見。(爆)



120525_1

こちらが、オオヤママイマイの赤ちゃん……もとい幼虫。
「○○でおじゃる!」とか言いそうな、マイマイガ会の麻呂ですwww
たれパンダと麻呂眉のコラボ、これまた時代の最先端をいってますね!



120525_2

で、こちらはカシワマイマイのベビー……もとい幼虫。
頭にツインテールどころか、お尻にもツインテールがついてるという、萌えの全てを注ぎ込みました的な幼虫ですね。(笑)
秋葉原で、マイマイガールとか流行ればいいと思う。
AKBとか目じゃないっす、マジで。


マイマイガ系統の幼虫が、葉の先端とかで、バブー!ってなってるポーズが究極的に可愛いと思います。
「行き止まりでちゅ、バブー!」みたいなwww
思わず、指を差し伸べて、「握手する?」って言っちゃう。
……まぁ、だいたい体温を感知されて、「いやだぷぅ!」って振られるんですが。(爆)


この種の幼虫は徘徊傾向が強いので、飼育しててもけっこう楽しいです。
意味もなく……いや、意味はあるんだろうけど、いそいそ歩き回ってくれるので。
その代わり、ケースの蓋を閉め忘れたりすると、ほぼ確実に旅立ちます。
こないだ、家の中をオオヤママイマイが這ってて、焦ったwww



ちなみに、現在、飼育をしている幼虫のラインナップ。
●サカハチトガリバ(蛹) ●オオヤママイマイ ●マイマイガ ●カシワマイマイ
●タケカレハ ●ナカグロモクメシャチホコ ●シロヒトリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

汝、驕ることなかれ。

120523_4

湿地で小さなヤマカガシに出会って、むんぎゅと掴んだ。
水に潜ったり、泥に隠れたりとなかなか巧みな幼蛇だった。
根競べの知恵比べ、ヘビとのガチンコ勝負に勝ったぞ!といつものワタクシ。


鼻歌まじりに、ふんふふーん♪
そこで、はたと気がついた。
ヤマカガシの首元を掴む右手に妙な感触……。


ふと見れば、ヤマカガシの幼蛇が、私の指先を器用にはむはむ噛んでた!
おーい、こらこら、おチビさんっ!!!


まぁ、大きな口を目一杯開けちゃって……。
大人しいヤマカガシでも決して噛まないわけじゃないことは当然知ってたけど。
そうか、やっぱりそうだよね。


このときの私は別の作業の最中だったので、厚いゴム手袋を装着しておって。
ヤマカガシの歯なぞこれっぽっちも皮膚に届いておりませんので、ご安心を。
相手が毒蛇であるということは十二分に承知しております故。


しかし、私は何となく思った。
これはきっと、「汝、驕ることなかれ」という自然からのメッセージだなと。
このところ、ちょっとヘビを弄んだりと油断とお痛が過ぎるので、やんわりとお叱りを受けたのだ。


自然はいつだってそこにあって、素敵なことを教えてくれるけど。
距離感というか、掟というか、尊び慈しむ心を忘れてはいかんよね。
ごめんよ、ヤマカガシ。
掟も約束も守るから、また一緒に遊んでね。


(なお、写真の個体はそのときのとは別個体だす)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

その向こうにあるもの。

蛾が好きだ。
幼虫も好きだ。



愛らしく、美しく、逞しく。
無残で、そして儚いものたち。



生きることと、死ぬことと、死の上に育まれていく無数の命。
蛾という生き物の生き死を見ることで、その向こうの多くの命の連鎖を感じている。
そのことがまたより一層、生き物たちを愛しく美しく私の中で輝かせるのだ。


120521_4_2

120521_1

120521_3_2120521_2_3



奪われる命は、多くの生き物の命を支えている。
寄生により削られていく灯火さえも、他の誰かの逞しさの証。



道端を這う一匹の毛虫。
灯かりに集う無数の虫たち。
その向こう側にあるものに気がつくだけで、世界は全く違って見える。



忌み嫌われるものたちを、無理に好く必要はないと思う。
彼らの生きるありのままの姿に、ただ僅かでも心傾けて欲しいと願っている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

【動画】超高速羽ばたき!

今更ですが、4月のオオシモフリスズメ祭りで携帯撮影した動画を。(笑)
microSDのアダプタをなくして、パソに取り込めなかったんですよぅ!



オオシモフリスズメは実物を見たのも初ならば。
その飛んでる姿を見るのも初でした。
あの巨大なスズメガがホバリングしてこっち見てたときは、本当に言葉も出なかった。
視線と視線がぶつかったあのときの瞬間を、私は一生忘れることはないと思う。




しかし、やはり巨体なこともあり。
一回静止しちゃうと、けっこうな準備運動(羽ばたき)をしている印象。
飛んじゃえば、ばびゅーん!なんだけどね。(笑)


動画は私の阿呆な声が入っていたので、無音でw
興奮して変な日本語喋ってたので、とても音声は入れられませんでしたwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

オレ様ど~こだっ♪

120518_3



自らの完璧な隠蔽を信じて疑わない、オオエグリシャチホコ。(笑)
……いや、信じて身動き一つしないこと、これぞ隠蔽の極意であります。



実際、私も一度視線を逸らしたら、一瞬どこにいるのか分からなくなりました。
さっきまで撮影していたはずなのにっ!
うーむ、ご立派!!!




ちなみに、私は蛾に勝手な愛称をつける癖がありまして。
こいつは主に「おおえぐりん♪」って呼んでます。
採集しているときに、「おおえぐりん、おおえぐりん♪」と呪文を唱えていたら、オオエグリシャチホコをみつけたときですwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毛虫のいる生活。

「毎日、エサを喰う生き物は飼わん!」



……そう言い続け、頑なに幼虫の飼育は避けてきました。
外で生餌をとってくるなぞ、ただでさえ愉快な仲間が満載な家なのに、そんな手間なぞ誰がかけるか!?と思っていた頃が、私にもありました。(爆)



うん、あぁ、いやぁ!
毛虫の飼育って楽しいですね!!!



もふもふの赤ちゃんが。
パリパリと小さいけれど、確かに食べてるその音に。
本気で癒されます♪



最初に拾った……もとい外から誘拐してきたマイマイガを筆頭に。
気づけば、タケカレハ、サカハチトガリバ、ナカグロモクメシャチホコ(推測)の4匹の蛾幼虫のお母さんになってましたwww
サカハチとナカグロは芋虫系ですが、成虫が好みなので。(笑)


120517


で、うちのアイドル、マイマイガのマイ子ちゃん(性別不明)が、本日また脱皮しまして。
いかにもマイマイガ!という愛らしいお顔になったので、うひゃひゃひゃひゃ♪
背中の色も大変綺麗になってまいりました!



もうこのカメラ目線、愛らしさ爆発ですよ!
この手の毛虫はけっこう活発に歩き回るので、見てても楽しいです。
マイ子ちゃん、マイ子ちゃん、可愛い可愛いマイ子ちゃん。
親ばかで結構ですよぅ!



同プラケで実はもう一匹、一回り小さいマイ太を飼ってたんですが。
こちらはある日、忽然と姿を消しました。
脱走したのなら、我が家のどこかで干からびていると思うんですけど、私は何となーくマイ子が怪しいと思っていたり。
アゲハもキアゲハも幼虫の共食いが知られているように、マイ子がマイ太を喰った可能性もなきにしもあらずかなぁと。
マイ太、脱皮直後だったしね。
死体がみつからぬ今、全ての真相は分からぬままですけど。



昨日、カシワマイマイの幼虫もみつけてしまったので。
あの子がまだ同じ場所にいるのなら、ちょっと一緒に暮らしてみたいな~。
撮ったり、採ったり、たまに描いたり、更に飼ったり。(爆)
どんどんと深みにはまっていく今日この頃であります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

イボタモンスター♪

灼熱の太陽が照らそうと~。
激しい雨が打ちつけようと~。
私は決して怯まない~。


そこに幼虫がいる限りっ!!!



……でも、風が吹いたら簡単にめげます。(笑)
風が吹くと枝がゆらゆら揺れて、写真ぶれぶれになるからね!


んなわけで、今日の天候は雨。
でも、ちゃっかり幼虫はみつけたよ♪


120515


成虫も天使! 幼虫も天使!
タイトルには「モンスター」ってつけましたけど、ごめん、「エンジェル」です♪

成虫はもうほぼ終わり。
でも、しっかりと新しい命をこの世に残してくれています。
イボタガ、たぶん2齢幼虫。
新緑と戯れる、ぴちぴちの赤ちゃんです。



親たちは翅をすり減らし、死に絶えていくけれど。
彼らが生きてきた証は確かにここにあって。
繰り返される死の中で、受け継がれていく新たな鼓動です。

命の連鎖。
だからこそ、新たな季節、彼らとの再会がこんなにも嬉しいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

マ~イマイ♪

マ~イマイッ♪
マ~イマイッ♪
ドク~ぅガさ~ぁんだよ~ぅ♪



マイマイ(カタツムリ)と聞けば、勝手にマイマイガに変換され。
マイマイカブリと聞けば、脳内でカブリが自動削除されて、マイマイガに変換されます。
幼虫も成虫も愛してる! マイマイガっ!!

120505_4


パンダはみんなに愛されるのに。
どうして、マイマイガがみんなに目の敵にされるのか、甚だ疑問ですな!
たれパンダが流行る前から、マイマイガは時代の最先端を行っていたというのに!
しかも萌えの必需品、頭にツインテールを備えているという最強っぷり♪
パンダ×ツインテールなんだから、萌えないほうがおかしいですね、ハイ。
……まぁ、パンダ的白黒ではないですけど。(笑)

なお、一齢幼虫以外は毒針毛の心配ないので、マイマイガの幼虫!って認識できる外見になれば毒でかぶれたりはありません。
大量発生するので、食害を懸念して駆除されたりしちゃう幼虫ですね。
不快害虫っていう若干理不尽な言葉もありますけど;


何でも食べる良い子だし、ぶりぶりの終齢幼虫を撮影したいので。
ついに飼育まで初めてしまいました……ヘビもトカゲもネズミもゴキブリもいるのに!
寝室で電気を消すとパリパリとコナラを食べる音がして、癒されます~。
女の子だったらいいな、成虫になると、お腹大きくてカッコイイもんね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発見=捕獲。

……酷い。(爆)
ヘビはみつけたら、とりあえず掴んどく女は私です \(^O^)/
マムシは掴みませんが、いつか噛まれることがあったら、「あの人、いつかやると思ってたんですよ~」と笑ってやってください。
ヘビとのガチンコ勝負、間違えて負けても文句は言いません。


120511



今回の犠牲者(↑)。
実際に掴んだのは私ではありませんが、私がヘビヘビ騒ぐものだから、頑張って掴んで来てくれる人が増えました。(笑)
大丈夫、大丈夫、ナミヘビに噛まれたところで指噛み千切られたりはしないんだから。
まぁ、噛まれたら傷口はちゃんと消毒してね♪


シマヘビの黒化型、通称カラスヘビも色々パターンがあって、面白いですね。
白のスポットの入り方で、だいぶ印象も変わるので。
これまた、撮影用にガッシガッシと掴んでしまう。(爆)


この子はシマヘビにしては大人しい子でした。
ストレスを中に溜め込むタイプかな、ビビらせてゴメンよ~。
一通り撮影をさせてもらって、さようならーしました。
もうこの女に捕まるんじゃないよっwww


なかなかヘビ運が良い感じです。
今季はアオダイショウも2匹掴んでるし。
次はマムシの写真が撮りたいので、どっか写真撮りやすいところで寝ててくれないかにゃーと思っている今日この頃。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

アラカシの宇宙人

お昼休みに、幼虫を求めてぷーらぷら♪
昼食を15分でたいらげて、外へ飛び出す毎日です。(笑)

さて、そんな今日。
そろそろ戻らにゃいかんなぁと、ぼちぼち道を引き返して歩いていると。
何かもう、何ていうか、「あぁ! 図鑑で見たことある!」みたいなドンピシャ幼虫が私の目の前に現れたのでごじゃります。


120508_2


マメドクガの脱皮殻にさっきまで萌え萌えしていたアラカシに。
何か、宇宙人がいるんですよ!!!(爆)


ある! これ、図鑑で見たことある!
カギバ、そうカギバ! 何たらかんたらカギバってやつだよ!(記憶曖昧)



……はい、ウコンカギバの幼虫ですね。
ヒメウコンじゃねぇの?とか言われると困りますが。
まぁ、メジャー度と食草からすると、ウコンカギバのほうじゃない?っていう勝手な推測。


幼虫には葉の裏にいるやつも多いですが。
ウコン君はどうやら葉の表にいるタイプのよう。
近くを探してみると、葉上にもう一匹だけみつけることができました。



120508_1


何かもう萌え萌えし過ぎて、ひたすらウコン君に話しかけていました。(笑)
決して独り言ではありませんよ、目の前の宇宙人……もとい妖精とお話しているのです。
マメドクガといい、このアラカシは私を萌え殺す気かっ!!!


120508_3


ちなみにコレ(↑)が通常仕様のようです。
ずっこけてるわけじゃありませんよ。(笑)
このまま動かず、敵の目を欺いているのだと思われます。
「私は縮れた木の葉、もしくは枯れたつぼみ」……的な? 分からんけど。


こういう系だと、イボタガとかシャチホコガの幼虫も宇宙人系ですよね。
もちろん、それらも大大大好物で愛しちゃってます♪


自然の中のことなので、トキメキ幼虫に出会えず坊主なときもありますが。
それでも、この瞬間の味を知ってしまっているので。
明日も明後日も明々後日も、外に飛び出さずにはいられないのです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

一生のお願い!

うららかな陽気。
気温がぐんぐん上がってきて、幼虫フィーバーの季節になりましたね♪
葉っぱの裏から表まで、幹の表面から枝の先まで、目が離せません。

枯葉は蛾だと疑ってかかれ!
不自然に垂れ下がっている枝は全部シャクトリムシに見えます。
ツバメと聞けば、エダシャクを思い。
マイマイと聞こうもんなら、マイマイガしか頭に浮かびません。
もはや、病気です。(爆)



12050612


そう、森をてろてろ歩いていると、こんなんがぷらーんとしているんです。(笑)
「萌えー!!!」って叫びそうになりますよね、ってか、実際に叫んでしまうんですが。
森の中で幼虫に向かって話しかけている女がいたら、ほぼ私だと思います。

1205061


「一生のお願い♪」って、言ってるようにしか思えないんですけど。(笑)
まぁ、たぶん一生のお願いって言ってるんだとしたら、「一生のお願いだから、私を食べたりしないで」って懇願しているに違いありません。
鳥にパクリされたり、サシガメにチューチューされたり、クモにむしゃむしゃされたり、ハチにブスリとやられたり……生き残れる赤ちゃんは決して多くありませんからねぇ。



オオシマカラスヨトウかナンカイカラスヨトウの幼虫だと思いますが。
オオシマさんとナンカイさんは成虫もクリソツなら、幼虫も更にクリソツなので、どっちかは不明です。


成虫は一見、地味なんですけど、私はけっこう好きです。
後翅のメタリックレッドが渋くてかっこいい。


今季の幼虫写真も少しずつ増えてますので、またご紹介できれば。
未同定もたくさーんありますけど。(笑)
若齢幼虫はお手上げなの多いよ\(^O^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

……怪しい奴がいる。

120503_2

カエルが元気になってくると、カエルを食べるヘビもまた元気になってきます。
田んぼや湿地を歩こうものなら、あちらでカサコソ、こちらでカサコソ。
逃げるが勝ちと言わんばかりに、去っていくヤマカガシたち。


それでも、彼らの歩みはとってもゆっくりで。
少し進んでは、こちらの様子をちらりと窺う。
こちらがピタリと動かなくなれば、そっと元の場所に戻って来ようとする。



そして、かちあう視線と視線。



げへへと笑う私と、おっかなびっくり顔のヤマカガシ。
しばし見つめ合う瞬間が、私は好きです。(笑)



いつもその後、うおりゃー!と追いかけてやるんですが。
毒腺を誇示するあの姿勢を撮影する前に、彼らはぴゃーと逃げて行く。
おーい、こらこら!



ヤマカガシに噛まれることはそうないと思いますが。
そんな目の前のヤマガシをおちょくることに夢中になり過ぎて、いつかマムシを踏んづけてしまうようは気はしますwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

それはきっと正義のしるし?

1205022_2

額に刻まれし、金色のエーックス!(シャキーンッ!)
それはきっと正義の証!?




……好きな食べ物は死体だよ。(笑)




シリアゲムシってちょっと邪悪な顔かなって思ってたけど。
こうして撮ってみると、どちらかというとマヌケな顔で憎めませんね。
額のX模様は正義の証か、勇者の証か。
もしかして三つ目がとおるみたいに何かが封印されているのかも!(爆)



……という、いつものくだらない想像です。
そうさ、私はいつも想像ならぬ妄想族だよ \(^O^)/




1205021

プライアシリアゲ……かな?
鮮やかな黄色い体、翅の白色は水彩絵の具を滲ませたようで綺麗でした。


何か「びよよーん」って鳴きそう。
いや、鳴かないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »