« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月29日 (金)

ある午後の出来事。

今年、セグロシャチホコの幼稚園と化しているヤナギの木。
春先に発見した幼虫はだいぶ大きかったので、今いるのは恐らく二回目の幼虫でしょう。
小さいのから、少し育ったサイズまで、ヤナギは幼虫たちで賑やかです♪
(ヤナギにとっては、喰われ放題でたまったもんじゃないでしょうが;)


120629_1


葉でむしゃむしゃしているのもいますが、休憩時はこうして幹に張り付いていることが多いようです。
黄色や赤でけっこう派手に見えますが、これが彼らのよく工夫されているところというか、不思議なところというか……幹の色に馴染んで、立派な隠蔽になってるんですよねぇ。
何色が出っ張って見えて、何色が引っ込んで見えるのか。
幹の凹凸の明暗と色の変化を、熟知……しているわけじゃないんでしょうけど(笑)、生き物って凄いなぁって思います。


さて、そんなセグロシャチホコの隠蔽を見破って遊んでいたところ。
野太い羽音がぶーんって近づいてくるわけです。
そう、蜂ですよ、ハチ。


幼虫がつく木ってのは、彼らもよく知っていて。
たくさんついている木には、けっこう頻繁に寄生蜂が巡回に来たりします。
ただ、今回やってきたのは、アシナガバチ。
これまた、そうだよ、そう! 肉団子作りにきやがったwww

彼女は迷わず一直線、幹で休息をしていた小さなセグロシャチホコにとりついて。
首に一撃、がぶりとかましてくれましたとも。


120629_2


残酷につき、未成年は見ちゃダメ!……とか、言われちゃいそうですが。
みんなこうして命を繋いでいくのです。
幼虫大好きだけど、死もまた彼らの当たり前の結末ですので、別にアシナガさんの邪魔はしたりしませんよ~。
せっかくの獲物だもの、召し上がれ。


しっかし、あの大顎でずっと噛み噛みしてるのは、なかなか凄かった。
「腹脚がなかなか枝から外れないなー、はむはむ……」みたいな。



120629_3_2


噛んだり、捻じったり、回したりしながら、幼虫の腹脚を枝から外すと。
見世物じゃないのよ!!!ってな具合に、ぶーんと飛んでいかれました。


あんなに幼稚園のように群れ群れしている幼虫たちですが。
こうしてたくさんの幼虫が、翅を手に入れることなく死んでいくんですね。
それでも、私は毎年、彼らに会うことができる。
生きる命も、誰かの糧となって消える命も、全部ひっくるめて逞しいなと思います。


頑張れ、セグロシャチホコ。
頑張れ、アシナガバチ。
みんな、みーんな生きている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

カシワマイマイの美。

120622_2


カシワマイマイが、みるみるうちに木を丸坊主にするのを見るのが好きです!




……とか言うと、林業や植木関係の方に袋叩きにされそうですが。(爆)
あの小さな体に、どうしてあの量の葉が吸い込まれていくのか不思議でなりません。
耳を澄ますと聞こえる、幼虫たちが葉を食む音。
森に木霊する命の音だなぁ、といつも思います。



で、上の柏舞子ちゃん……じゃなかった、カシワマイマイは。
またちょっくら誘拐してきちまった子です。(笑)
だって、あんまりにもぶりぶりに肥えていて、立派な毛虫だったんだもの!
指や腕に這わせる感触もまた格別でして、もう重量感がたまらない!!
胸脚の力強さと腹脚のしなやかさがですね……もう愛しくて愛しくて。



カシワマイマイ、本当に美しい蛾の幼虫です。
この茶色の多彩さ、首もとの橙色のアクセント、白色の帯模様もまた美しい。
見れば見るほどに惹きこまれて行く造形と色彩だと思います。



120622_1


よく見るとけっこう細かな白点が散りばめられていて。
何だか雪化粧しているようですね。

この子はすでにだいぶ大きいので、間もなく繭になると思います。
素敵な大人になった姿もぜひ見せてね♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月17日 (日)

空白の5ヶ月;

蛾を中心としたフィールドブログと化してて、すんません;
気づけば、5ヶ月もの間、ヘビカテゴリ(飼育)で記事を投降していないという……。

いや、特に問題も起こさず穏やかな日常を過ごしているんですよ。
なので、ネタがないっていうのが正直なところです。(笑)
強いて言うなら、今年もボールパイソンの休眠が明けましたよーくらいかなぁ。


Img_2657_3

今年で8歳、我が家に来て7年。
当然、もうボールなぞにはなりません。
安価で色々な色柄のボールが出回る中、それでもうちの子が一番ですよ。
どノーマル。(笑)



Img_2670


彼女も今年で7年目です。
相も変わらず、ヒヨコしか喰いません。
餓死することはなくとも、肥満で簡単に死ぬっていうのを他のパイソンで痛感しているので、彼女は絶賛減量中です。
ヒヨコはね、卵黄含むので、嫌な方向に肥える気がするんですよ。
この空腹で再びラットを喰うようになればなーとは思いますが、まぁ、なるようにしかならん。
のんびり付き合っていきます。



……と、たまには飼育ヘビの記事を書いてみました。
他に国産ナミヘビいるけど、まぁ、気がむいたら。(爆)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

影に蠢くものたち。

120612


木立の間に不自然なものをみつけて、覗き込むと。
立派な百足様が、何やら抱えこんでいらっしゃる。



木のコブでも抱き枕にして、お休み中なのかと思いきや。
よくよく見ると、コブに見えていたのはサワガニでした。



サワガニがこんな細枝に自力で登ったとは考えにくいので。
きっと、百足様が捕らえてここまで引き上げたのでしょう。
うーむ、器用。
うーむ、ご立派。



そういえば、私が今の職場に転勤してきたとき。
前任者が新しく来る女性を少し驚かせてやろうと、私の使うパソコンのデスクトップにムカデの壁紙を貼り付けておったのですが。
私はむしろ、ムカデは好きな部類で、鮮やかで立派なムカデだねぇぐらいにしか思わなかったのでごじゃります。(笑)
ちなみに、今の職場パソのスクリーンセーバーは延々と幼虫の画像が垂れ流されるように設定してあるので、幸せ一杯夢一杯♪



足がない生き物も好きならば、足がいっぱいあるのも好きなのです。
ただーし、実はゲジゲジはちょっと苦手。
ついでに言うと、カマドウマはけっこう苦手。
足が長くて途中でカックンと折れ曲がってる構造をしてるのは、どうもダメらしいですよ。
でも、彼らも素敵な生き物なのでしょうから、いつかきっと愛してみせますw



とにもかくにも、写真の百足様は大物をしとめられた様子。
どうやって食べるのか、果たして食べられるのか、色々と興味は尽きませんが、そう悠長に観察もしていられなかったので、写真だけ撮って退散。



赤い頭部に橙の腹、濃紺に光る逞しい体躯に、力強い大顎。
百足様は本当に美しく、かっこいいい生き物だと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

【オオルリ】テイカカズラの咲く森で

Photo

続きを読む "【オオルリ】テイカカズラの咲く森で"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

一生のお願い★Part2.

120531_3

ヒメヤママユさんの一生のお願いポーズ★
あるいは、「ちょっとコナラ丸坊主にするけど、許してね♪」のポーズ?(笑)



若いときは、黒に橙色の斑紋のある幼虫ですが。
脱皮を繰り返すと、このとおり鮮やかな黄緑色のふさふさの幼虫になります。
雑木林に差し込む光にきらきらと輝く、まさに葉の色のようですね。



図体デカいのに、この胸脚のちんまり感。
なんちゅー愛らしい生き物でしょう。(笑)



あれだ、あれ。
イモムシの一生のお願い写真集とか、出ればいいと思う。
ページめくると、色んな幼虫が「一生のお願い♪」ってなってるの。
萌えっwwww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »