« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年11月20日 (火)

ここにもいるよ。

お客さんにも色々いるので。
販売側からすると、あんまり良くないことなのかもしれませんが。
私はばっちこい!なので、書いちゃいます。(笑)

某スーパーで安売りされていた次郎柿を見ていたら。
……幼虫がいました。(爆)


ずらりと陳列された柿を上を、迷子のハマキガ幼虫が一頭。
こりゃ縁起が良いや(根拠なし)と思って、もちろん柿を即カゴへ。
あいにく観察ケースもフィルムケースも持ってなかったので、カバンから印鑑ケースを取り出して、その中に幼虫だけイン♪
売り場の横でごそごそと大層怪しい女でしたが、決して万引きではありません。
採集です、これは昆虫採集です!!!

121120


で、いたのはこちらさん。↑
恐らく、チャハマキの幼虫だと思われます。
柿農家にとっては憎い害虫らしく、ググると害虫リストの中にばっちりランクインしてます。
ちなみに、幼虫越冬らしい。



まぁ、スーパーで見る人が見たら嫌な思いをするのかもしれませんが。
むしろ、幼虫一匹ついてない野菜のほうが怖いと私は思いますけどね。
菜っ葉の間から幼虫がこんばんにゃーとか、可愛いもんです。(笑)


害虫と呼ばれるほどに、彼らは本来、我々に最も近い隣人であるはず。
ここにも、そこにも、あそこにも。
手を伸ばせば広がる、それは不思議で素敵な自然と命の世界への入り口の一つだと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

マクロットパイソン

121114_3

ウォーターパイソンを失って以来、それでもずっと欲しかったリアシス……。
ついに買っちまいましたよ、ちくしょう!(笑)


スコープさんに入荷したマクロットパイソン。
ずーっと、ずーっと、いいなぁって思いながらも、我慢をしておました。
でもでも、この時期になってもまだ残ってるんだもの。
これは、もう運命だって思っちゃう、思っちゃうってば!!!


マクロット、素敵なパイソンです。
こういう落ち着いた色柄というか、一見地味なんだけど美しいみたいな。
体に散らした小斑紋が、何とも言えぬ上品さをかもしだしていて。
もう私の好み、ど真ん中!ですね♪


まだサイズとしては小さいので、これから育てる楽しみもあり。
健康な美人さんにするべく、マクロットライフを頑張っていきたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

秋蛇

気温がぐんと下がってきましたが。
ヘビたちは冬眠の準備を視野に入れつつ、まだまだ活動しております。
先週はマムシの確認もありましたよ。

10月31日撮影:シマヘビ(ノーマル)121031

愚かにも私の前でのろのろと逃走を始めましたので、即捕獲。
私を視認したら全力逃げなきゃだめなんだよぅ。(笑)
まぁ、寒かったのかもしれないですが。

別にどんぐり背景を狙ったわけじゃないんですが。
気づいたら映ってたんです、いやマジでw
(本当は水田とシマヘビを撮りたいんだけどね、なかなか機会がにゃい;)

幼蛇の模様が消え、シマヘビらしい縞模様が出てきてますね。
まだ若い個体で、森縁部にいたので、カナヘビを狙っていたのかも。


11月9日撮影:ジムグリ(幼蛇)
121109

……本当は成体の写真が欲しいんですが、いたのは幼蛇だった。
いや、綺麗なんですけどね、写真ストック的にはすでにあるので、成体を求めてるの;

いじくりまわしたら、がぶがぶ噛まれました。
別にいいけど。

暑さに非常に弱いので、逆にこういった涼しい時期が狙い目です。
涼しいっていうか寒いじゃん!って思いましたが、去年も12月に撮影してたよ。
ヤマカガシもけっこう寒いのへっちゃらで、12月入ってものろのろ森床這ってたりします。
ヘビが活動してるのに、すでに「寒い! 冬眠したい!」とか喚いてる私は一体……。(爆)


ジムグリは落葉が非常によく似合う。
っていうか、日本の四季に日本の花を楽しむように、日本の景色に日本のヘビの色はしっくりくる。
どいつもこいつも非常に良いヘビですよ、和蛇万歳!
どんなヘビ捕まえても、「おまえ本当に良いヘビだなー」って言っちゃう私です。(笑)


嫌われもののヘビだけど、里山とともにある身近な隣人。
嫌われるほどに目につくのだから、これほど面白い生き物はないですよ。
今、衰退の一途を辿る当たり前であった風景に。
もう一度隣人の姿を想い、ありのままのその光景を慈しもうではありませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »