« 月刊むし5月号! | トップページ | 神樹蚕 »

2013年5月10日 (金)

こいつが、ああなって、こうなった。

昨年も幼虫飼育をしていましたが。
昨年にも増して、今年も幼虫飼育をしております。
けっこう片っ端から誘拐してきてるので、よく分からないものも多々ありますけど、まぁ、答えがすぐに示されなかったり、そもそも答えなぞ未だ存在していないというのが、幼虫と蛾の醍醐味でごじゃります。


春先の蛾幼虫なんて、ホント先が長いものばかりです。
キリガ? フユシャク? 
はいはい、無事に蛹化したとしても、羽化は来春ですねーみたいな。(爆)
こんな調子で羽化を待っていたら、あっという間におばあちゃんになってしまいそうです。
幼虫おばあちゃん……わぁ! 素敵に無敵★



誘拐してきた我が子はたくさんいるんですが。
本日、脱皮後にようやくお名前にピン!ときた、この子をば。


●4月25日
130425

今年はシャクガも頑張る所存なんですが、こいつに限っては、私が故意に誘拐してきたわけではなく。
ヒメヤママユ幼虫用にヤマザクラをちょっきんしたら、ついてきちゃったという。
幼虫が多く孵化する時期にはありがち、あるあるな出来事ですよね。
何か気づいたらいたので、採集日が曖昧です。
(2013年4月1日~4月7日までの間で採集したのは確か)


●5月1日
130501

で、しばらくしたら、こんなんになりまして。
シャクガ幼虫って、マジで意味不明とか思ってました。(笑)
でも、今見てみると、もう片鱗はあるある、ありまくる。


●5月10日
130510

で、今日、蓋を開けたら、こんなんになってた。
いやぁ、ハスオビさんじゃないですか、お久し振りッス!!!


……はい、答えはハスオビエダシャクでした。
チャームポイントはおケツの1対のトゲとデカい顔です。(爆)
あと、顔が何となくしょんぼりしている。



成虫はこんなんです。
見る見る、よく見る。
えーと、えーと、年1化の春蛾ですよねぇ。
蛹のターンが長すぎるっ!!!

|

« 月刊むし5月号! | トップページ | 神樹蚕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139923/57355840

この記事へのトラックバック一覧です: こいつが、ああなって、こうなった。:

« 月刊むし5月号! | トップページ | 神樹蚕 »