« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月11日 (火)

ゴマフリドクガ

ぼちぼち今年度の幼虫記録をデータ入力しています。
写真撮ったはずなのになかったして、やっぱりこういうことはこまめにやらなきゃダメですね。
まとめてやろうと思うと、こうなる。

とりあえず、今日までで61個体+αくらいの幼虫を飼育してました。(爆)
当然、途中で脱落する個体も多々おりますので、イコール羽化数でありませんが;
まだ種数は数えてませーん。

データ整理と同様、ブログにもちょっとずつ上げていこうと思いつつ……。
本日はゴマフリドクガたんについて。
まずは幼虫。(↓)


1306111


私はイモムシよりもケムシが好きなので。
例えかぶれることになろうとも、ドクガの仲間の飼育はやめられない病気です。(爆)


あと、真面目な理由(?)として、ゴマフリドクガとキドクガ幼虫の違いが感覚的にイマイチぱっとしないので、それを克服してやろうというね。
ネットの画像検索は明らかに両種混ざってる気がするんですけど、正解の感覚が私の中で曖昧なので非常に悩ましいのです。
図鑑も何冊か見てるんですが、どうも統一性が見出せない……。
もう飼育してしまおうと考えが至った次第です。


ケムシマイスターにオレはなる!!!!
(そんなものはありません)




1306112

1306113_2


 

で、まぁ、羽化したのは上の写真の通り、ゴマフリドクガでした。
羽化時期的にも、まぁ、春はゴマフリドクガでしょうね。
夏になるとこれにキドクガ成虫が混じってくるのかな。
っていうか、キドクガ幼虫も探さないとねー。


<飼育記録>
2013年4月14日 アラカシにて幼虫採集
2013年5月11日 羽化

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

日本の昆虫

密林の評価★マークが半端ないという、不動の一冊。
いや、二冊か。(笑)
虫屋の皆さまの生の評価も上々だったので、これは買わない手はないでしょう!


いつも本気だけど、更に本気でオススメ!
日本の昆虫1400!
ぽろりもあるよ……じゃなかった、2巻もあるよw



ポケット図鑑なのに、充実した情報!
識別のための検索表がついているのが大変素晴らしいと思いました。
しかも、種数の膨大な昆虫の検索表なのにいたってシンプル。
掲載種を身近な昆虫に絞っているとしても、非常に見やすく分かりやすい検索表です。
ちょこちょこ載ってる虫についてのコラムも、昆虫観察への興味を引き立ててくれて◎。
読み物的な面白さも兼ね備えています。

私が蛾をやるので、特に感じるところかもしれませんが。
展翅写真や展足写真といった標本写真を用いてないのが非常に分かりやすい。
私の経験上、一般の方は展翅された蛾や蝶の写真を見てもピンと来ないことが多いように感じています。
図鑑で調べるにも、ある一定のレベルというかコツを求められるのです。
その点、この図鑑は野外で静止している生体そのものの姿の写真なので、同定の際の絵合わせでピッタリくるはず。
恐らく多くの人が、こんな図鑑を待っていたのではないでしょうか。


「昆虫なんて、分からんし!」
……いやいや、そんなことを言わないで、まずはぱらぱらっと捲ってみてください。
昆虫のフォルムがくっきり活きた白バック写真、少しでも「綺麗だな」とあなたが思ったならば、それはもう虫側の勝利です。(笑)
きっと野外で直接観察してみたくなる……はずっ!!!!

あ、外で図鑑が汚れるのが気になる方は。
使う用と保存用の二冊を買えばいいんじゃな~いw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »