2013年6月11日 (火)

ゴマフリドクガ

ぼちぼち今年度の幼虫記録をデータ入力しています。
写真撮ったはずなのになかったして、やっぱりこういうことはこまめにやらなきゃダメですね。
まとめてやろうと思うと、こうなる。

とりあえず、今日までで61個体+αくらいの幼虫を飼育してました。(爆)
当然、途中で脱落する個体も多々おりますので、イコール羽化数でありませんが;
まだ種数は数えてませーん。

データ整理と同様、ブログにもちょっとずつ上げていこうと思いつつ……。
本日はゴマフリドクガたんについて。
まずは幼虫。(↓)


1306111


私はイモムシよりもケムシが好きなので。
例えかぶれることになろうとも、ドクガの仲間の飼育はやめられない病気です。(爆)


あと、真面目な理由(?)として、ゴマフリドクガとキドクガ幼虫の違いが感覚的にイマイチぱっとしないので、それを克服してやろうというね。
ネットの画像検索は明らかに両種混ざってる気がするんですけど、正解の感覚が私の中で曖昧なので非常に悩ましいのです。
図鑑も何冊か見てるんですが、どうも統一性が見出せない……。
もう飼育してしまおうと考えが至った次第です。


ケムシマイスターにオレはなる!!!!
(そんなものはありません)




1306112

1306113_2


 

で、まぁ、羽化したのは上の写真の通り、ゴマフリドクガでした。
羽化時期的にも、まぁ、春はゴマフリドクガでしょうね。
夏になるとこれにキドクガ成虫が混じってくるのかな。
っていうか、キドクガ幼虫も探さないとねー。


<飼育記録>
2013年4月14日 アラカシにて幼虫採集
2013年5月11日 羽化

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土)

神樹蚕

昨年の10月に採集していたシンジュサン。
同じカラスザンショウにいた3頭のうち、1頭が本日、羽化しました!
コマユバチの猛攻をかいくぐった1頭の、逞しき晴れ姿です。


1305111

1305113

1305112


羽化したのは、オスの個体。
大きな翅をゆっくりと動かすその姿に、心が震えない者はきっといない。
幾度見ても、その瞬間に心奪われるのです。
生と死、そして再生、全てがここにある。
だから魅入られ、抜け出せない。


成功ばかりが、飼育ではありません。
得られるものは、成功ばかりではないのです。
病に侵され、脱皮に失敗し、蛹になれず、寄生され、食われる。
それすらも見守り続け、だからこそ見えてくるものがあるのだと感じています。
幼虫にとっての失敗は誰かの成功であり、きっと自然の強かさです。


さぁ、今日も明日も明後日も!
幼虫たちに会いに行こうではありませんか!




<飼育記録>
2012年10月13日 カラスザンショウにて幼虫採集
2012年10月25日 蛹化
2013年5月11日 羽化

続きを読む "神樹蚕"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

こいつが、ああなって、こうなった。

昨年も幼虫飼育をしていましたが。
昨年にも増して、今年も幼虫飼育をしております。
けっこう片っ端から誘拐してきてるので、よく分からないものも多々ありますけど、まぁ、答えがすぐに示されなかったり、そもそも答えなぞ未だ存在していないというのが、幼虫と蛾の醍醐味でごじゃります。


春先の蛾幼虫なんて、ホント先が長いものばかりです。
キリガ? フユシャク? 
はいはい、無事に蛹化したとしても、羽化は来春ですねーみたいな。(爆)
こんな調子で羽化を待っていたら、あっという間におばあちゃんになってしまいそうです。
幼虫おばあちゃん……わぁ! 素敵に無敵★



誘拐してきた我が子はたくさんいるんですが。
本日、脱皮後にようやくお名前にピン!ときた、この子をば。


●4月25日
130425

今年はシャクガも頑張る所存なんですが、こいつに限っては、私が故意に誘拐してきたわけではなく。
ヒメヤママユ幼虫用にヤマザクラをちょっきんしたら、ついてきちゃったという。
幼虫が多く孵化する時期にはありがち、あるあるな出来事ですよね。
何か気づいたらいたので、採集日が曖昧です。
(2013年4月1日~4月7日までの間で採集したのは確か)


●5月1日
130501

で、しばらくしたら、こんなんになりまして。
シャクガ幼虫って、マジで意味不明とか思ってました。(笑)
でも、今見てみると、もう片鱗はあるある、ありまくる。


●5月10日
130510

で、今日、蓋を開けたら、こんなんになってた。
いやぁ、ハスオビさんじゃないですか、お久し振りッス!!!


……はい、答えはハスオビエダシャクでした。
チャームポイントはおケツの1対のトゲとデカい顔です。(爆)
あと、顔が何となくしょんぼりしている。



成虫はこんなんです。
見る見る、よく見る。
えーと、えーと、年1化の春蛾ですよねぇ。
蛹のターンが長すぎるっ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

月刊むし5月号!

縁あって、月刊むし5月号にイボタガタペストリーを掲載していただきました♪

5月号は2012年のふりかえりの号でもありますので、蛾ももちろんのこと、昆虫情報とデータが満載です。
幅広過ぎる昆虫界をその都度網羅していくのは大変至難の技ですが、この1冊があれば、新種記載情報などなど大まかな部分を把握することができます。
まぁ、何という優れた一冊でしょう!

月刊むしを手に、2013年度も頑張っていきまっしょい★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

モントガリバ羽化!

忘れた頃に羽化をする……。
先日のサカハチトガリバと同様に、これまた死んでるんじゃないかしらん?と思っていた蛹が、無事に羽化しました!

というか、もはや誰の蛹だったのやらも記憶していない始末で。
羽化して、「あぁ、そんな幼虫も飼ってたなぁ」という酷い記憶力。(笑)
いやいや、美しい蛾が出てきてビックリしました。


幼虫は持ち込みだったので、直接採集したのは私ではありませんが。
2012年10月4日にクサイチゴについていた個体です。

1304171

1304172

つんつくつん!とした頭部と胸部が特徴。
トガリバ系の幼虫って、何か可愛いよ。
にゃーにゃー!

……で、何の蛹だか忘れられたまま約半年。
2013年4月11日に羽化しました。


1304173


せっかくなので外で写真撮ってみた。
さぁ、どこにいるか分かりますか?

1304174

ここだよーん!
(遠景写真の右端、中央を探してみてね)



ピンクの斑紋が何ともポップでキュートな蛾ですね。
でも、木の肌に止まると完全に同化してしまう見事な隠蔽色です。


蛾の翅の色と模様って本当に秀逸で、明るい色と暗い色、浮き上がる色、沈む色を模様として複雑に配置することによって、凹凸感を見事に生み出しているんですよねぇ。
茶色が茶色一色ではないこと、緑が緑一色ではないこと、落ちる陰の色さえも決して黒だけではないことを命は知っていて。
世界中のどんな画家にも勝てない、巧みの技がそこには宿っているんだなぁと常々感じます。



ちなみに、こういう眼状紋(目玉模様)も凄いですよね↓。

1304175


これが目玉に似せているのだとすると、ちゃんとハイライト(明るい部分を示す白色)が入っているという。
少女漫画家が、女の子の目にハイライト入れてキラキラさせるよりも遥か昔から、生き物たちは、その技法を取り入れていたんだなぁとか。(笑)
ベルサイユの薔薇もびっくりですなw



画伯ならぬ、蛾伯と呼ばせていただきましょうか。



<飼育記録>
2012年10月4日 採集
2012年10月17日 蛹化
2013年4月11日 羽化

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

4月と蛾と。

何か疲れてるなと思って振り返ってみれば……。
連日、夜間巡回している私がいました。
そりゃ、疲れるって。(苦笑)

とりあえず、春蛾はイボタガまで漕ぎつけました。
今年の私の初確認は、4月4日です。
日中の気温がよく上がった日の夜のことです。


では、4月3日から4月5日までの巨大蛾をば!


130403

2013年4月3日、エゾヨツメ(♂)。
ただの茶色い蛾とは言わせませんよ。
はっと目覚めるような後翅の空色。


130404_2

2013年4月4日、エゾヨツメ(♂)。
翌日も灯火に来てました、裏面の模様も素敵。


1304042

2013年4月4日、イボタガ。
恐らくその日に羽化しただろう、欠損皆無の個体です。
コンビニ飛来で、バックがアスファルトなのが残念ですが……。
それでも、全くインパクトを失わない見事な翅模様です。
その眼状紋に一度でも見つめられれば、誰もが魂を奪われるのです。


130405

4月5日、オオシモフリスズメ。
まだまだ現役、気温の低い渓流沿いではこの日が祭りでした。
観察している傍からどかんどかんと飛来して、降り注ぐオオシモフリスズメ。
撮影時間は21時ちょい過ぎ、比較的遅い時間から飛来が始まります。
こうして止まっていると、暗闇ではまるで木のこぶのようです。


1304052

2013年4月5日、オオシモフリスズメ。
力強い羽ばたき、あの巨体がふわりと浮き上がる様子には本当に感動します。
春の妖精、桜の化身、一年に一度の素晴らしい出会いに心から感謝を。



今週は気温も低いようなので、思い切って巡回はお休みです。
無我夢中で蛾との出会いを求めてしまう自分に、何だか蛾の呪いじみたものを感じます。(笑)
恋は盲目なのです、まさに。




★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

こそっと、お知らせ。


もぞ蟲展で出展した蛾グッズを少数ながら、通販可能としました。
下のバナーもしくはブログ左端のバナーより、お申込みください。
なお、在庫がなくなり次第、終了とさせていただきます。

Banner_yugadou

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月31日 (日)

桜の化身

エゾヨツメの後翅が落ちてたという知らせを聞き。
更に、他県でイボタガが出てるよーという情報を聞き。
これはもういてもたってもいられぬ……というか、いられるわけがありません。
春の夜へと飛び出しました!

コンビニも含め、ポイントを4ヶ所周りまして。
イボタガはいなかったものの、同じく春蛾のオオシモフリスズメの祭りを確認。
あの巨体ですから、本当に文字通り、どっかんどっかん飛来します。(笑)


最初のポイントは渓谷だったので気温が低いせいか、1頭しかおらず。
でも、このときは頭の中は完全にイボタガだったので、道路の真ん中にオオシモフリが転がってるのを見つけたときは、めちゃくちゃ歓喜しました。
(自分の車で轢き殺さなくて、ホント良かった……)


それからは、うひゃーとか、うひーとか独りで興奮しながら、撮影大会ですよ。
ちょうど道路から飛び立って良いところに止まってくれたのも素晴らしい。
踏み台用の脚立を忘れてきたので、自家用車のステップを踏み台にしたり、隣の木に半ばよじ登りったりしながら、撮影、撮影。
完全に魂とられてました、蛾にw


1303301

1303303


何度会っても、感動をくれる蛾です。
この巨体が飛ぶ姿とか、化け物ですよ。(褒め言葉)
悶えます、マジで。

1303302


で、まぁ、そのあと行ったコンビニでどっかんどっかんだったんですが。(笑)
地面に着地すると引っくり返っちゃうんですよね、こいつ。
仰向けでぶぶぶぶぶぶ・・・・・・とかもがいてるのを、こうして助け起こす。
(2頭ほど、そのまま毒瓶に入れちゃいましたが!)



しかし、どの蛾でもそうですが、コンビニに飛来して車に押し潰される姿を見るのは悲しいですね。
灯火の恩恵を受けている身ではありますが、気持ち的には複雑です。
人の生活圏の光に集まっても、踏まれたり轢かれたり、朝には群がる鳥のエサになってしまうわけですから、こうした場所の光に集めないほうがいいなとは思ってます。



一年に一度きりの出会いを。
今年もこうして彼らに巡り会えること、会えたこと。
そのことに喜びを感じると同時に、また来年の再会を願っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月29日 (金)

そろそろ起きたら?

仕事場の廊下を歩いていると、床に天使。
・・・・・・じゃなかった、蛾がいました。(笑)

もっふもふ!なプライヤキリバさんです。

1303292_2


日本産蛾類標準図鑑曰く、6月に羽化した成虫は集団で越夏休眠して、ほとんどそのまま越冬するそうです。


・・・・・・え? それってほぼずっと休眠してるってことでは?(爆)
4月頃に外に出てくるそうなので、今回の個体はまさしく寝起き。
外に放したら、あっちゅう間に落ち葉の間へと駆け込んでいきました。
(飛んでいかないっていうのが、ミソやね!)
いや、そろそろ起きようよw


1303291

まぁ、生涯ほぼ寝てる、ほぼ蛹っていう種類は実はそう珍しくないですが。
消費エネルギーとリスクは低いに越したことはありません。
その翅は誰かとめぐり会うため、その身は新たな命を紡ぐため。
彼らの本気はこれからです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

飛べない空

昨年、先生からオナガミズアオの卵を譲っていただき。
孵化後、餌付かずに死んでいく仲間たちの中、たった一頭、成長して蛹化までこぎつけた個体がいました。
それが本日、羽化しました。


1303201

・・・・・・はい、見事な羽化不全。
羽化時期からして時期外れなんですが、それにしたって、羽化不全。
無念としか言いようがありません、残念過ぎて凹みます。
しょんぼりしょぼーん。


1303203


1303202_2

性別はメスでした。
卵をたくさん産んでましたが、オスがいないので当然無性卵。
生きて子孫を残すことこそ、彼らの使命です。
こんな翅でも飛ぼうともがく姿は痛々しいかもしれませんが、それでも確かな命の力強さを感じました。
それが例え、実らぬ命なのだとしても。


120907
(2012年9月7日撮影:オナガミズアオ幼虫/上記成虫と同じ個体)



生き物からは、嬉しさと同じくらい悲しさももらうけれど。
生きる姿も、死ぬ姿も、全部受け止めた先に連なる感動があるのです。
それを知ってしまったら抜け出せない。
たまに、これって不治の病なのかもしれないなと思います。


<飼育記録>
2012年8月9日 孵化
2012年9月14日 蛹化
2013年3月20日 羽化(羽化不全)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

春空へ!

昨年の5月に採集し、蛹化したサカハチトガリバ。
本日、無事に羽化して、春空へと飛んでいきました!


120517
(2012年5月17日撮影:幼虫だった頃のサカハチトガリバ)



蛹期間が長い蛾であることは知っていましたが、今日までの約10ヶ月間、当然のことながら沈黙し続ける蛹に、「この蛹、実は死んでるんじゃね?」と半信半疑でした。(笑)
いやぁ、ちゃんと羽化するもんなんですねぇ!
あの幼虫が、あの蛹が、この蛾と同一人物・・・・・・っていうか、同一個体なんだと思うと、感動すると同時に、本当に不思議ー。



130313
(2013年3月13日撮影:羽化したサカハチトガリバ)


図鑑ですでに同定していましたが、やっぱり図鑑と同じ幼虫から、予想したとおりの成虫が出てくると嬉しいですね。
自分の目でそれを見た、確認できたっていう、この満足感? 充実感?(笑)
まだまだ昨年から待機中の蛹が何種類かあるので、こりゃニヤニヤ楽しみですw


ちなみに、成虫はアベマキとかに止まらせて、それっぽい写真を撮ろうと思ったんですが。
春風が吹いたら、ふわりと飛んで行ってしまわれましたー。
……ですよねー!


命はきっと、このときを待っていた!
まだ見ぬ君に会うために、新たな命を紡ぐため。
みんなみーんな、生きている。
頑張れ!


<飼育記録>
2012年5月15日 幼虫採集
2012年5月18日 蛹化
2013年3月13日 羽化

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧