2013年3月13日 (水)

春空へ!

昨年の5月に採集し、蛹化したサカハチトガリバ。
本日、無事に羽化して、春空へと飛んでいきました!


120517
(2012年5月17日撮影:幼虫だった頃のサカハチトガリバ)



蛹期間が長い蛾であることは知っていましたが、今日までの約10ヶ月間、当然のことながら沈黙し続ける蛹に、「この蛹、実は死んでるんじゃね?」と半信半疑でした。(笑)
いやぁ、ちゃんと羽化するもんなんですねぇ!
あの幼虫が、あの蛹が、この蛾と同一人物・・・・・・っていうか、同一個体なんだと思うと、感動すると同時に、本当に不思議ー。



130313
(2013年3月13日撮影:羽化したサカハチトガリバ)


図鑑ですでに同定していましたが、やっぱり図鑑と同じ幼虫から、予想したとおりの成虫が出てくると嬉しいですね。
自分の目でそれを見た、確認できたっていう、この満足感? 充実感?(笑)
まだまだ昨年から待機中の蛹が何種類かあるので、こりゃニヤニヤ楽しみですw


ちなみに、成虫はアベマキとかに止まらせて、それっぽい写真を撮ろうと思ったんですが。
春風が吹いたら、ふわりと飛んで行ってしまわれましたー。
……ですよねー!


命はきっと、このときを待っていた!
まだ見ぬ君に会うために、新たな命を紡ぐため。
みんなみーんな、生きている。
頑張れ!


<飼育記録>
2012年5月15日 幼虫採集
2012年5月18日 蛹化
2013年3月13日 羽化

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

第3回もぞ蟲に行ってきましたよ~。

ご来場いただいた方々、ありがとうございました。
何だかもの凄く変な女と化してしまったなぁと思ってますが、後悔はしてません。
全ては愛が成せることなので。(笑)


130307_2

私に限らず、あらゆる作家さんが変態ワールド(褒め言葉)を作り上げていて、ただただ笑ってしまいましたw
愛の深さと変態度は比例しますからね、これ絶対。


ヤママユガ科は7種類を納品しましたが、予想通り、オオミズアオが絶滅してました。
オオミズアオの人気に嫉妬。
「セットにしたら?」というご意見もいただいたので、もしまた機会があれば、もう少しステッカーサイズを小さくしてセットにするのもありかなと思いました。
青くても茶色くても平等に愛でていただきたいので。(笑)


色んな方に、うちの子たちをお嫁にもらっていただき、嬉しい限りです。
本当にありがとうございます。

130307_1


で、私はと言うと、まんまと財布がすっからかんになりました。
だって、あれも欲しい、これも欲しい、今買わなくて、いつ買うんだぁぁぁ!
もぞ蟲展は、戦いです。



そんなもぞ蟲展ですが、作家さんによっては追加搬入もされています。
まだまだ開催中ですので、是非、お越しください。
虫蟲たちが、みなさんをお待ちしております。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

◆-mozo mozo- 虫・蟲 展◆

たまごの工房
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南3-60-6

2月26日(火)~3月10日(日)月曜休廊
12:00~19:30(日)~18:00

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

お宝ざっくざく♪

1301212

ほらほら、お宝ざっくざく♪


新年の挨拶の次の記事がこれかよ!と思わなくもないですが、健やかに殖えてるゴキブリたちを見てほくそ笑む、小さな幸せ。(笑)
一時期、伸び悩んだ時期がありましたが、シェルター増やして密着度と密集度を上げてやったら、調子良く殖えるようになってくれました。
やっぱり、みんな仲良く群れ群れだよね。
だって、ゴキブリだもの。


で、今までは土に戻る100均の鉢をシェルターに使ってましたが。
密集度が低いので、大きなシェルターが欲しいなぁと思っていたんです。
そしたら、そしたら、身近にあったんですよ!!!

それが、コレ。(↓)

130121

ファーストフード店とかで、お持ち帰りぃ♪を頼むと、ドリンクの下に入れてくれるやつ。
紙製のドリンクホルダーです。
たぶんよくデュビアとかコオロギのシェルターに使われる卵容器と似たような素材。
マク○ドナルドとか行くたびにとっておいて、ゴキブリケージに敷き詰める、これでOK!

ただ、店舗によってはプラスチックのところもあるんですよねー。
我が家の近くでは、駅前のマクド○ルドはプラなんです。
スーパーの中のマ○ドナルドは、紙製なのに。
なので、ハンバーガー食べるときは、紙製のホルダーくれるところへ行きましょう。(笑)

っていうか、ゴキブリを飼育し始めて、早云年ですが、本当に手間かからぬ良いエサです。
もう二度とコオロギなんて飼えない・・・・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

寄生蠅

シモフリスズメに寄生していたハエが羽化しました。
ハエだろうがハチだろうが、蛾の幼虫から出てきたならば、それは記録するに値するもの!
……ってことで、5頭を酢エチで絞めて、本日、展翅展足しました。

こんな寄生ハチが出てきたよってことで、一応ブログでもご報告を。
図鑑とネットで色々調べましたが、全般的にただでさえ種数が多い昆虫の、しかも今まで全く見てこなかったハエという分野……正直、「分からないということが分かった★」で撃沈。
写真同定は難しいことは百も承知ですが、もし詳しい方がいたら教えていただけると嬉しいです。

121004

1210042

1210043

121005

以下、記録。
2012年9月7日 シモフリスズメ幼虫 採集
2012年9月11日 シモフリスズメ 蛹化
2012年9月22日 寄生バエの蛹を土中にて発見
2012年10月2日 寄生バエ 羽化

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

生き残りをかけて。

一昨日みつけた、変な顔の赤ちゃん。
イネ科植物の葉を糸で丸めて、そこから出たり入ったり。
オオチャバネセセリの幼虫です。

120812_1


何でそんなにしょんぼりしてるの?と言いたくなる、そのお顔。(笑)
半透明の体に透けた緑色のグラデーション、その緑色は彼らが這い動くたびに体内で流動するようで大変に美しい。


糸で葉を縫い合わせた隠れ家から出てきて、葉の先端をもぐもぐ。
びっくりすると、器用に後退して、隠れ家にすっぽりと収まります。
その様子が何だかおかしくて、思わずくすりと笑ってしまいます。



……というのが、今日の朝までのお話で。
お昼過ぎに同じ場所を見てみたら、こんなことになっていました。



120812_2


まだ翅の生えぬカマキリが、もぐもぐもぐもぐ……。
さっきまで生きていたオオチャバネセセリの幼虫は、カマキリの餌食に。
あっという間に表皮を食われ、同じくあっという間に中身も食われてしまいました。
(カマキリが咥えている緑色のものが、幼虫の中身です)


動くものなら何でもエサだぜ!のカマキリ。
バッタやチョウなんかの動きの激しい昆虫ならまだしも、あんなぬるぬると動く幼虫も、彼らの目にはしっかり見えているんですねぇ。
動きの鈍い幼虫たちは逃げる術がありませんので、こうして外敵に見つかってしまったら、それが最期でしょう。


小さな小さな草原で繰り広げられる、生き物たちの生存競争。
バッタが草を食み、幼虫が隠れ、カマキリが徘徊し、トカゲたちが駆け回る。
このカマキリだって、いつ地表を徘徊するトカゲやカナヘビに食われてしまうか分かりません。


生き残りをかけた生き物たちの戦いは、テレビに映るライオンやヌーだけではなくて。
私たちの足元で今まさに、繰り広げられているもの。
みんなみーんな生きている。
生きるものにも、死にゆくものにも、命の輝きを!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

デュビア繁殖

今日はゴキブリメンテの日。
暖かくなってきたので、ケージの掃除と。
冬の間、細々と生まれたゴキベビーを繁殖親から分離する作業をしました。

基本、成虫は親にするので、餌にしません。
餌は必ずベビーケージからとります。

幸い、繁殖が軌道にのってきているので、


ゴキ繁殖&ベビー数 > トカゲ4匹が喰う量


……で、ここ4年くらいはきてます。
なので、ベビーケージから餌用を差し引いても、ちゃんと成虫も量産できてます。
運良く私の目を免れたベビーが成虫になり、親になるってことですね。(笑)


本日は春一発目のメンテということで、ホームセンターで下記のものを購入。

090507

















携帯撮影なので、画質汚ちゃない;

簡単に紹介すると、「ヤシガラブロック」と「ヤシガラ鉢」です。
どちらも園芸用。
今まで高い金出して通販でヤシガラ買ってましたが、今更、園芸コーナーの素晴らしさに気づきました。(爆)

水入れると膨れる床材は、ペットメーカーが出しているので知ってましたが。
これって、やっぱり便利。
まとめ買いしても、場所とらないのが優れてると思う。
これだけ生き物買ってると、飼育用具だけで場所確保が大変なのだ;

ヤシガラブロックは、水入れて20分でほぐれます。
私みたいにせっかちな人は、熱湯ぶっかけましょう。
半分くらいの時間でほぐれます。
でも、ほぐれたヤシガラは当然、高温なので……十分に冷まして使ってください。
人も生き物も間違いなく火傷しますんで;

0905072
















ヤシガラ鉢は、こう使います。(↑)
要は、よく隠れ家で使われる紙製タマゴケースの代用。
ボロボロになっても、ホームセンターですぐ揃うってのが好き。

実は月夜野でも売ってるんですが。
月夜野で買うのって、だいたい冷凍餌;
安価な分、冷凍と送料別ってなると、ついでに買うってわけにもいかんのです。

家に出るゴキブリが狭いとこに、みちみち!っているように。
やっぱり、デュビアも、みちみち!っているのが好き。
繁殖的にも効果プラスのようですし、捕まえるにも楽なので、今回は隠れ家を増やしてみました♪

その代わり、床材は浅めに敷きました。
今まで、かなーり厚く敷いてたんですが、色んなサイトさんを参考に、変更。
ある一定の周期で大量死する傾向があるので、私も試行錯誤しています。

……ってか、そろそろ新しい親を導入したい。
遺伝的な問題が発生してくるので;

続きを読む "デュビア繁殖"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

ゴキブリがたくさん。

09415_4















職場にいるミルワームのメンテナンス見てたら。
自分の家のゴッキーのメンテしたくなりました。
(別にサボっているわけではないけど)

これから春だし、どんどん子ども生んでもらわにゃーってことで。
最近、思い出したように、餌もりもりあげてます。
スーパーの野菜コーナーで思い浮かべるのは、まず、ゴキのこと。


「ゴキに何食べさせようかなー」



「ナスにしようかなー」



「したら、私も夕食、マーボーナスにしよう」


……という思考順路。
野菜で健康になりたい人は、ゴキブリ飼うといいと思うよ。(爆)
自分のためじゃなく、生き物ためなら、努力できることがあるはず!

とりあえず、ぶりぶりのゴキ見ることと。
ぶりぶりのゴキをトカゲにあげるときが、至福の瞬間です。

以下、追記。
「皮と骨」という単語に嫌な予感覚える人は回れ右。

続きを読む "ゴキブリがたくさん。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

艶やかな黒色に。

0810133
















帰宅して、電気をつけると、ザワザワと蠢く無数の命。
急に訪れた光の世界に地下へ地下へと逃げ込む彼らの群の中から、成虫へと脱皮した♂を見出した。

その何という美しい色調。

黒色の艶。
翅を縁取る銀の透かし。
モノトーンの色階調が素晴らしい。

0810134
















思わず手にとり、眺め回したくなる美しさ。
胸から腹にかけての曲線に持ち上がる薄翅はまるでタキシード。
これぞ紳士だ。

ゴキブリも100匹いれば100通り。
先天的なものか、後天的なものなのか、されどその色や姿形は同種であっても面白い。

この個体は久々に私の魂のど真ん中を打ち抜いた。
良いお父さんになっておくれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

蟲湧いた。

……まぁ、ある意味四六時中、蟲湧き部屋ですが。(爆)
蟲が湧くのは素敵なことさ、ゴキブリいっぱい夢いっぱい♪
ついでに、トカゲのお腹もいっぱい♪

ゴキに給餌したバナナを3日間熟成させたら溶けた。
昆虫ゼリーと溶けたバナナが素敵なハーモニー。

……何か、うにょ蟲湧いたよ?(爆)

たぶん、小蝿の赤ちゃんでしょう。
そっかぁ、蟲が湧いたかぁ……って無駄に感心してしまいました。
土と湿度が良い感じだったのかもね。

そういや、もうすぐHBMだそうですね。
行きたいけど、行けないよぅ。
住んでいる環境と状況、金銭事情が上手い具合に飼育熱を抑制してくれています。
だって、行ったら絶対買っちゃうもんねっ!!!(爆)
ナミヘビが熱いよ、スジオとアオダイショウはやっぱり良いヘビだと思うんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

ゴキブリHOME

ホームセンターの衣装ケースコーナーに行くとワクワクするのは私だけ?
飼育ケージに良い衣装ケースはないかなぁ、と商品を物色してしまうのですw

……で、物色した結果、作ったのがコレ!(↓)
087192















ゴキブリHOMEでごじゃい。(爆)
もとは言わずもがな、CDや本を収納するBOXです。

今まで、ゴキブリは黒蓋プラケで飼っていたんですけど。
無駄に高さがあって、床に積み上げるには邪魔だったんですよね。
あと北海道だとプラケの通気性の良さは温度低下に繋がるので。
(爬虫類ケージも同じく)

……それに使い古したプラケって可愛くないでしょ?(笑)
貧乏臭さではどっちもどっちですけどね!

上の小コンテナ2つが殖えた子ども用。
下の大コンテナが繁殖個体用です。

087191















お母さん、また赤ちゃん産んでました!(↑)
まだ赤ちゃんが白いうちはお母さんが被さって守ってあげるんですよ。
可愛いですよねぇ♪

この気温が高い時期にガンガン繁殖して欲しいです。
冬は気温低下で繁殖効率落ちるので、ここいらが勝負時期。
そういえば、ここ数年、けっこうコンスタントに殖えてますね。
何気に蟲餌は自給できている、素晴らしい!

もう二度とコオロギなんて買うもんか!!!
ゴキブリ最高★

| | コメント (0) | トラックバック (0)