2009年7月21日 (火)

遅ればせながらケージ

お仕事忙しくて、更新が滞っております;
気長にぶらぶらお待ちいただければ幸いです。

さて、実は自作ケージ1号が完成しました。
もうだいぶ前に。(爆)
すでに檸檬の引っ越しも済み、新しい住居で今日も惰眠を貪っております。

090720















こないだの枠にガラスはめて完成~なだけですが。(笑)
ガラスは通販でカットしてもらったものです。
サイズ大丈夫か不安でしたが、レプロなみにしっかりはまりました。

ちなみに、レールは近所のホームセンターにありました。
日曜大工の凝ったものは、遠いホームセンターに行かなきゃダメだけど。
意外に庶民的な小道具は近所のほうが品ぞろえ良かったです。
そんな罠。

090720_3















生体入るとこんくらいの広さ。
厳密にいうと90㎝はありません。
メタルラックの規格にすっぽり収まるサイズということで。
衣装ケースの規格よりは、もちろん遥かに大きいですよ。

ペットシーツの規格とは超ズレてるので、無駄に枚数敷いてます。
レギュラー2枚、ワイド2枚かな?
最初はプラダンってのを底に敷いてたんですが……。
いわゆる段ボールの空洞部分に尿酸垂れよったので、使用やめました。
ペットシーツを若干、側面に沿わせて敷いたほうがメンテ全然楽です。

広いからか何なのか、排泄する場所もだいたい決めたみたいです。
糞まみれになることがたぶん、なくなりました。
排泄すると水容器の上に登って、ピーコラ言ってます。

とりあえず、脱走は……1回されました;
天井部分を蝶番で蛇腹に開くようにしてるんですが。
ロックが甘かったらしい。
今は重石で対策してますが、自作ケージ2号からは要改善。

ってか、暖突用にジョイントとか頑張ったんですが。
うちの娘は、天井とコードの微妙な隙間に頭を突っ込みたがる。
ガタガタうるさいわ、暖突のコードは根元からひっこ抜けるわ。
夏の間は面倒臭いので、もうプレートヒーターだけにします!
冬になれば活性下がるし、そしたら暖突にしよう。
壊されたら洒落にならん、金額的に。

そんなこんなで、自作ケージ活躍してます。
何より見栄えが素晴らしい。
満腹でじっとしてれば、なかなかのインテリアです。
……空腹で徘徊してると、視界にうるさい感じだけど。(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

こんなんできました。

09616














木製ケージが9割完成。
とりあえず、形にはなったっぽいですよ。

あとは、窓に網入れて。
ガラス引き戸をつけるだけでーす。

組むときに多少の誤差は出ますが、「自作」の許容範囲内だと思います。
板のそりとか、やっぱりあるしね。
どこまで「自作」に美しさを求めるのは、個人にお任せ!ってとこでしょうか。

まだ、完全にできたわけではないので。
作成しての手順等のまとめは後日改めてアップしますね。

道具代合わせても総額2万はいってないです。
……でも、ガソリン代が異常にかかってます。(爆)


ホームセンターが車で片道2時間、しかも品揃いそこそこ。


って、場合は、通販でDIY製品そろえたほうが絶対安い!
このケージのために、『週1回ホームセンター×3=12時間』ですから!!!

ちなみに、ガラスはもう通販でお願いしてます。
8枚カットガラス+梱包料+送料=1万円ほどでした。
(なぜ8枚か、そりゃ、あと3つはケージ作るつもりだから・笑)

面倒くさいからアクリルにしようかとも思ったけど、アクリル高っ!
製作するケージ数も考慮にいれて、諦めました。
やっぱ、ガラスが一番ですよ、傷つきにくいし。

というわけで、私の今月の趣味預金はこれにて終了。
工具揃ったから、次からはもっと安くできるはず。
製作時間は……、休みの日中×3日間くらい?
夜やると近所迷惑だからね。

ご報告でした~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

週末の仕事といえば。

もちろん、生き物のメンテナンスですよね。
水換え、糞掃除はその都度きちんとやってますが、ケージ改装とか大掃除とか給餌はだいたい週末にやるのが常です。
仕事から帰ってメンテしたら、だいたい夜も更けちゃいますね。

で、今日のメニューは。
●ハイブリアオジタのちびのケージ改装
●デュビアケージの大掃除
●アオダイショウとアシナシに給餌

デュビアは今まで親1ケージ、子1ケージだったのを子2ケージに分割。
ついでに床材も総とっかえして、死亡個体をちまちま除去しました。
(子ケージは死体もミニマムなので除去大変なんですよぅ!)
親ケージで誕生した子も分割しようかと思ったんですが、今回は根気切れです;
また次の機会ね。

ちなみに、デュビアメンテはアシナシ給餌と同時進行で行います。
選り分けながら、ぽいぽいっと適当にアシナシケージに放り込む。
アシナシへの給餌はこれで終了。(爆)


で、今回大変だったのはアオジタケージ改装です。
実はここんとこハイブリアオジタのちびの調子が若干落ちてまして。
要は下痢ぴーなんでございます。

オオアオジタのぷちと飼育環境は変わらないのに、ちびだけ下痢ぴー。
薄々思ってはいたんですが、たぶんちびはぷちより必要温度が高い。
2年前も食欲が落ちて獣医にかかって、結局、ケージ温度上げたら改善された経緯もあるんですよね。

埼玉の家ではレプロの豪邸で暖突&プレートヒーターでVIP待遇だったんですが、引越しの事情もありまして、今は改造衣装ケース飼育。
構造上、暖突をとっぱらって紫外線ライトもとっぱらってしまったので……まぁ、そこんとこに原因があるかもしれんなぁと。

と、いうわけで暖突と紫外線ライトに耐えるようにケージを改装したわけです。
既存ケージを改造しただけなので、時間にして2時間くらいかな?
昨年から電動ドリルを導入しているので、以前より全然楽でした。
(ちゃちいながらも、衣装ケース改造はけっこうやっているんですよ)

とりあえず、これで様子見ですね。
ちびはぷちに比べると良い意味でも悪い意味でもおとなしいんですよねぇ。
緊張するとすぐちびるし。(爆)

08626_5















↑ちなみにオオアオジタのぷちはゴキブリがマイブーム。
ゴキ喰うようになってから、バナナ喰わなくなってしまいました;;
ぷちは良い意味で図太くて、人が通ると餌をもらおうと寄ってきます。
おもらし率も低いので、手持ち無沙汰になったらだいたいぷちをハンドリング。(笑)

あぁ、アオジタ良いトカゲです。
思い入れも強いので、ずっと健康でいて欲しいし、努力したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

質素になりました。

何かフィールド記事ばかりなので、爬虫類記事もUPをば。

引越しに伴いレプロを全て人に譲りました。
重くて、壊れ易くて……さすがに引越し荷物として辛すぎる!
レプロを買い集めていた当時は、会社辞めるなんて思わなかったし。
しかも、こんな引越し人生になるとも思わなかった。
でも、現実はこうなので……こりゃもうレプロは無理やな、と。

やっぱり軽くて、運び易くて、運搬の時に爬虫類飼ってない風を装える(爆)ケージが
良いですよ。
ってなわけで、質素に……貧乏臭く!衣装ケースを改造したわけです。

07

















名づけて衣装ケージ
(写真汚っ!ってか貧乏ボルテージ全開!?)

三段引き出し衣装ケースに穴開けてネット張っただけです。(爆)
パイソンは1段目と2段目の堺をぶち抜いて苦しくも高さを確保してみたり。

まぁ、衣装ケースは水槽企画にない底面積の広さを誇るので大きさ的には
問題なしでしょ。

……でもね、やっぱり微妙に隙間ができるのよぅ;

トカゲはいいけど、ヘビに隙間はマズイ。
体が通らなくても顔が通ればアホのように何度も鼻先を突っ込む。
こりゃ、怪我の原因になる……マズイぞ、と。

コモンの檸檬は顔が若干デカいので鼻突っ込みはしなかったんですが。
頭の小さなボールの岳っ君は、もう夜中ひっきりなし。
……なので、彼には単体の衣装ケースに引越していただきました。
(普通の衣装ケース、脇パチンと止めるやつね)

あと問題は保温。
保温効果は断然悪いです;;
暖突つけらんないし、ケージ壁は薄いし。
関東ならいいけど、北海道の冬は冗談抜きで凍死しますよ;;

寒い冬が来る前にそこんとこを改善します。
ってか、今の住居がまだ仮住居なので夏にまた引っ越したら飼育スペースも
本格始動です。
今は私も爬虫類もまだ「仮住居」。

ってか、普通にケージ置いてる場所も悪いんですけどね;
本当は押入れでまとめて保温したいんですが、今は引越しダンボールで一杯です。
窓際はどう考えても保温効率悪いにゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)